日別アーカイブ: 2022年8月27日

タイムズ・オブ・イスラエル:ロシア軍はシリアに供与していたS-300防空システムを解体し、ウクライナで特別軍事作戦にあたる部隊を支援するため黒海に移送(2022年8月26日)

タイムズ・オブ・イスラエル(8月26日付)は、ロシア軍がシリアに供与していたS-300防空システムを数週間前に解体し、タルトゥース県のタルトゥース港から黒海のノヴォロシスク港に移送と伝え、S-300が設置されていたとされ … Read More

『ニューヨーク・タイムズ』:米国は「複数のプライベート・チャンネル」および公式に米国がシリアでの戦闘激化を望まないとイランに伝える(2022年8月26日)

『ニューヨーク・タイムズ』(8月26日付)は、米高官筋の話として、米国がイランに対して「複数のプライベート・チャンネル」および公式にシリアでの戦闘激化を行わないよう伝えるとともに、米国がシリアでのいかなる軍事的緊張も望ん … Read More

PYDに近いシリア・ムスタクバル党の幹部が拘留中にシリア民主軍の拷問を受けて死亡(2022年8月27日)

ラッカ県では、ナフル・メディア(8月27日付)などは、クルド民族主義組織の民主統一党(PYD)に近いシリア・ムスタクバル党のタブカ支部広報局長を務めるムサンナー・ズィヤーブ・アブドゥルカリーム氏が、拘留中に人民防衛隊(Y … Read More

有志連合の匿名元幹部:タンフ国境通行所の米軍基地へのドローンはイラクより飛来(2022年8月27日)

『クドス・アラビー』(8月27日付)は、有志連合の匿名元幹部の話として、ヒムス県のタンフ国境通行所に違法に設置されている米軍(有志連合)の基地への無人航空機(ドローン)による攻撃に関して、ドローンがイラクの人民動員隊に所 … Read More

フール・キャンプで内務治安部隊(アサーイシュ)が「人道と治安」作戦第2段階を継続:広報局長はキャンプでの治安不安定化がトルコの指示によるものと主張(2022年8月27日)

ハサカ県では、ANHA(8月27日付)によると、北・東シリア自治局の管理下にあるフール・キャンプで、内務治安部隊(アサーイシュ)が「人道と治安」作戦第2段階を継続した。 アサーイシュによると、第2段階の3日目となる27日 … Read More

トルコ軍とシリア国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ県とアレッポ県を砲撃(2022年8月27日)

ハサカ県では、ANHA(8月27日付)によると、トルコ軍とシリア国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・タムル町近郊のタッル・ラバン村を砲撃した。 ** アレッポ県では、ANHA(8月27日付)に … Read More

サッバーク国連シリア大使はNPT再検討会議の最終文書草案に異議を唱え、イスラエルの条約参加を義務づけるよう求める(2022年8月27日)

バッサーム・サッバーク国連シリア上級代表(大使)は、米ニューヨークの国連本部で4週間にわたって開かれていたNPT(核拡散防止条約)の再検討会議の最終日に発言を行い、最終文書草案の内容に異議を唱えた。 サッバーグ大使は以下 … Read More

外務在外居住者省は国連安保理事務総長と安保理議長に宛てて書簡を送り、イスラエルにシリアに対する度重なる攻撃を非難するよう求めるとともに、報復権の留保を表明(2022年8月27日)

外務在外居住者省は国連安保理事務総長と安保理議長に宛てて書簡を送り、イスラエルにシリアに対する度重なる攻撃を、国連加盟国の主権侵害として明確に非難する決議を採択するよう要請するとともに、国際法と国連憲章が認める適切な手段 … Read More

アサド大統領は210月1日付で予備士官および予備士官学生の召集を終了することを定めた管理命令を発出(2022年8月27日)

軍武装部隊総司令官を兼務するアサド大統領(大将)は、2022年10月1日付で予備士官および予備士官学生の召集を終了することを定めた管理命令を発出した。 SANA(8月27日付)が伝えた。 AFP, August 27, … Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で4人(2022年8月27日)

保健省は政府支配地域で新たに4人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者34人が完治したと発表した。 これにより、8月27日現在のシリア国内での感染者数は計56,973人、うち死亡したのは3,163人、回復した … Read More

ロシア当事者和解調整センターは米占領下の55キロ地帯で活動する過激派がシリア軍の拠点を自爆型ドローンで攻撃し、兵士1人が死亡、2人が負傷したと発表(2022年8月27日)

ロシア当事者和解調整センターのオレグ・エゴロフ副センター長は、米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県タンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)で活動する過激派が、自作の自爆型無人航空機(ドローン)でタウィール丘一帯に展開す … Read More