旬刊シリア情勢(試作版2015年8月11~20日)

2015年8月11日(火)から20日(木)までのシリアをめぐる主な動きは以下の通り。

1. 「安全地帯」をめぐりヌスラ戦線と米国が対立

米トルコ両政府が設置合意したとされるアレッポ県北部の「安全地帯」では、有志連合への参加を拒否し、同地から撤退したアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線に代わって、在地の反体制武装集団(スルターン・ムラード旅団)が展開した。

一方、トルコで米軍が軍事教練した第30(歩兵)師団の戦闘員を拉致したヌスラ戦線に対して、米軍(有志連合)はトルコ国境に位置するイドリブ県アティマ村にあるファトフ軍所属のスンナ軍の拠点を空爆し、子供を含む「民間人」25人を殺害するなどして対抗した。

こうした米国の行動に対し、ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構といったアル=カーイダ系組織によって主導されるファトフ軍を支援しているとされるトルコ政府は、空爆への関与を否定、またトルコのイスタンブールに拠点を置くシリア革命反体制勢力国民連立(いわゆるシリア国民連合)も非難した。

第30師団の戦闘員拉致をめぐる混乱は、ヌスラ戦線が拉致した戦闘員の一部を解放することで収束に向かった。

しかし、こうした混乱に乗じるかたちで、ダーイシュ(イスラーム国)は「安全地帯」での攻勢を強め、反体制武装集団の拠点都市であるマーリア市周辺の村々を制圧し、勢力を拡大していった。

(主な関連記事)

■アレッポ県北部のマーリア市をダーイシュ(イスラーム国)が攻撃、反体制武装集団と交戦(2015年8月11日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ウンム・フーシュ村を制圧したダーイシュ(イスラーム国)がトルコ国境に近いマーリア市に進軍し、同地を支配する反体制武装集団(「自由シリア軍」を名乗る武装集団)と交戦した。
この戦闘 … 続きを読む
■スルターン・ムラード旅団(自由シリア軍)がトルコからアレッポ県北部に入り、ヌスラ戦線の制圧地域移譲(2015年8月11日) アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月11日付)などによると、スルターン・ムラード旅団(自由シリア軍)の数十人が四輪駆動車、貨物車輌を連ねて、トルコ領内からバーブ・サラーマ国境通行所を通過、シリア領内に入った。 こ … 続きを読む
■有志連合(米軍)がイドリブ県のトルコ国境に位置するファトフ軍の爆弾・ロケット製造工場を空爆し、子供ら25人が死亡(2015年8月11日) イドリブ県では、ARA News(8月11日付)によると、有志連合がトルコ国境に位置するアティマ村のファトフ軍の拠点複数カ所を空爆し、子供を含む民間人25人が巻き添えとなって死亡した。 空爆は、アティマ村にあるファトフ軍 … 続きを読む

■トルコ外務省はヌスラ戦線が主導するファトフ軍拠点への空爆関与を否定(2015年8月12日) トルコ外務省は声明を出し、11日にイドリブ県アティマ村のファトフ軍(スンナ軍)拠点に対して有志連合が行ったとされる空爆に関して、「インジルリク空軍基地を含むトルコのいかなる基地からも有人無人の戦闘機は発進していない」と発
続きを読む
■米国務省報道官「トルコと合意したのはシリア北部での安全保障の設置ではなく、ダーイシュ(イスラーム国)と戦うため」(2015年8月12日) マーク・トナー米国務省報道官は、米トルコ両政府がアレッポ県北部で設置合意したとされる「安全地帯」に関して、「トルコと合意したのはシリア北部での安全保障の設置ではない。合意はダーイシュ(イスラーム国)と戦うためだ」とし
続きを読む
アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月12日付)によると、トルコ国境に近いハルジャラ村で、ダーイシュ(イスラーム国)と、「穏健な反体制派」(自由シリア軍)と目されるバーズ大隊が捕虜交換を行った。 ダーイシュ側は1年 … 続きを読む
■シリア国民連合は、イドリブ県アティマ村のファトフ軍(アル=カーイダ系のヌスラ戦線などからなる武装組織)拠点への有志連合の空爆を非難(2015年8月13日)
シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、有志連合とされる戦闘機が11日に、トルコ国境に近いイドリブ県アティマ村にあるアル=カーイダ系組織からなる軍事同盟組織ファトフ軍所属のスンナ軍の拠点を空爆し、子供を含む民間人25人
続きを読む
■米トルコ両政府が設置合意したアレッポ県北部の「安全地帯」でアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動と「穏健な反体制派」がダーイシュ(イスラーム国)支配地域に対して攻勢(2015年8月13日) アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(8月13日付)がシャーム自由人イスラーム運動の情報として伝えたところによると、「革命家」が、トルコ国境に近いアアザーズ郡ドゥーディヤーン村近郊にあるダーイシュ(イスラーム国)支配下 … 続きを読む
■米トルコ両政府が設置合意したアレッポ県北部の「安全地帯」でダーイシュ(イスラーム国)が攻勢、また有志連合の空爆を受けたアティマ村(イドリブ県)で抗議デモ発生(2015年8月14日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、マーリア市北部郊外のタラーリーン村一帯で、ジハード主義武装集団とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュが同村の東部一帯を制圧した。
タッラーリーン村は、米トルコ両政府が「 … 続きを読む
■トルコのボズクルEU担当相「シリア北部に安全地帯を設置し、家や学校を建設し、シリア人難民の帰還を促したい」(2015年8月15日) トルコのヴォルカン・ボズクルEU担当大臣は、米トルコ両政府が設置合意したとされるアレッポ県北部の「安全地帯」に関して、「トルコは、シリア北部に安全地帯を設置し、家や学校を建設し、シリア人難民のそこへの帰還を促した
続きを読む
■ダーイシュ(イスラーム国)は米トルコ両政府が設置合意したアレッポ県北部の「安全地帯」内で攻勢を続け、トルコ・アレッポ市間の兵站路上に位置するタラーリーン村を制圧し、反体制武装集団の一大拠点マーリア市を完全包囲(2015年8月15日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、マーリア市北部に位置するタラーリーン村でジハード主義武装集団と交戦し、同村の西部を掌握、同村一帯を完全制圧した。 タラーリーン村は、トルコとアレッポ … 続きを読む
■ダーイシュ(イスラーム国)が米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」で攻勢を続ける(2015年8月16日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がマーリア市とサンダフ村を結ぶ街道で爆弾を爆発させ、反体制武装集団と交戦した。
また有志連合と思われる戦闘機がバーブ市近郊のターディフ市一帯を空爆した。 … 続きを読む
■アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線が、米軍の軍事教練を受けた第30師団メンバー7人を釈放(2015年8月16日) 『ハヤート』(8月17日付)などによると、シャームの民のヌスラ戦線は声明を出し、アレッポ県アフリーン市郊外にで拘束した第30師団のメンバー7人を釈放したと発表した。
7人は、米軍による軍事教練を受け、シリア領内に送り込ま … 続きを読む
■ダーイシュ(イスラーム国)はビデオ声明で「トルコのエルドアン大統領は裏切り者…、攻撃目標となるだろう」と発言(2015年8月17日) ダーイシュ(イスラーム国)ラッカ州広報局は、トルコ人と思われるメンバーの声明を映像で公開し、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領を「裏切り者」と非難し、シリア領内のダーイシュ拠点などを空爆し続ける米軍にインジル … 続きを読む
■ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装集団が米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」内で交戦(2015年8月18日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」内に位置するウンム・フーシュ村を制圧したダーイシュ(イスラーム国)に対して、反体制武装集団が砲撃を行い、ダーイシュのメンバー1
続きを読む
■ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装集団がアレッポ県北部で戦闘を続ける(2015年8月20日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、タッル・カッラーフ村とウンム・フーシュ村を結ぶ街道で爆弾が爆発し、ジハード主義武装集団の車輌が破壊され、戦闘員3人が死亡した。 また、ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装 … 続きを読む→

2. 政府軍と反体制派双方による「無差別攻撃」のさなか、ザバダーニー市などで一時停戦

イドリブ県西部とハマー県北部のガーブ平原地帯では、シリア軍、国防隊とファトフ軍などからなるジハード主義武装集団の一進一退の攻防が続いた。

また、ダマスカス郊外県および首都ダマスカスでは、シリア軍がドゥーマー市をはじめとする東グータ地方の諸都市に対して激しい空爆を行う一方、ジハード主義武装集団もシリア軍による「無差別空爆」に対抗するため、首都ダマスカスや北部のラタキア市などシリア政府支配地域に対する「無差別砲撃」行った。

こうしたなか、ダマスカス郊外県ザバダーニー市とイドリブ県フーア市、カファルヤー町での戦闘において、反体制武装集団を主導しているアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動と、イラン政府高官が、トルコの仲介のもと、ザバダーニー市、フーア市、カファルヤー町での一時停戦に合意した。

停戦期間中、両者は、シリア軍第4師団、ヒズブッラーが攻勢をかけているザバダーニー市からの反体制武装集団(とりわけシャーム自由人イスラーム運動)の撤退、ファトフ軍の包囲を受けるフーア市、カファルヤー町からの民間人の避難、シリア治安当局が拘束中の収監者の釈放などについて協議がなされたが、合意にはいたらず、戦闘が再開した。

(主な関連記事)

■イドリブ県フーア市一帯でファトフ軍の攻勢続く(2015年8月11日) イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府支配下にあるフーア市およびカファルヤー町(いずれもシーア派宗徒が多く居住)周辺で、国防隊、人民諸委員会、ヒズブッラー戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線、ジュンド・アクサ
続きを読む
■反体制武装集団が首都ダマスカスを無差別砲撃し13人死亡、シリア軍もダマスカス郊外県一帯を報復空爆し37人死亡(2015年8月12日) ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団が早朝、迫撃砲50発以上で無差別砲撃を行い、ロシア大使館周辺(アダウィー地区)、ウマウィーイーン広場、ザバダーニー地区、バグダード糸折り、マッザ区、カッザーズ地区
続きを読む
■トルコ、イラン、そしてシリアの野党の仲介により、ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)で一時停戦(2015年8月12日) ダマスカス郊外県では、AFP(8月12日付)によると、ザバダーニー市一帯で戦闘を続けるシリア軍(第4師団)、ヒズブッラー戦闘員と、シャーム自由人イスラーム運動などからなるジハード主義武装集団および地元の武装集団の間で、7 … 続きを読む
■マーヒル・アサド准将がファトフ軍との激戦が続くハマー県北部のジューリーン村を電撃訪問(2015年8月13日) 第4師団の実質的司令官で大統領実弟のマーヒル・アサド准将が軍高官2人を伴い、イドリブ県ガーブ平原のジューリーン村を軍のヘリコプターで訪れる映像が公開された。
映像が撮影された日時は不明だが、ヘリコプターでジューリーン村郊 … 続きを読む
■反体制派がラタキア市を迫撃砲で無差別攻撃、シリア軍はダマスカス郊外県などを激しく空爆、女性・子供が死亡(2015年8月13日) ラタキア県では、シリア人権監視団によると、ラタキア市中心街の3月8日通り沿いのファトワー局近くに反体制派が乱射したと思われる迫撃砲弾複数発が着弾し、2人が死亡、14人が負傷した。
またラタキア市郊外のシャーティウ・アズラ … 続きを読む
■ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)からのシャーム自由人イスラーム運動撤退をめぐって停戦交渉続く(2015年8月14日) 『ハヤート』(8月15日付)は、ダマスカス郊外県ザバダーニー市およびイドリブ県フーア市、カファルヤー町での一時停戦(15日午前6時までの予定)が16日まで再延長され、シャーム自由人イスラーム運動とイラン高官の間でザバダー … 続きを読む
■シリア軍がハマー県北部、イドリブ県を激しく空爆(2015年8月14日) ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がマンスーラ村、ジスル・バイト・ラース村、ヒルバト・ナークース村、ラターミナ町、フワイジャ村を空爆した。
これに対して、ジハード主義武装集団はアズィーズィーヤ村、ジューリー … 続きを読む
■ダマスカス郊外県ザバダーニー市、イドリブ県フーア市、カファルヤー町の停戦破棄、シリア軍、反体制武装集団が無差別攻撃を再開(2015年8月15日) ダマスカス郊外県ザバダーニー市およびイドリブ県フーア市、カファルヤー町での一時停戦が、反体制武装集団(シャーム自由人イスラーム運動)とイラン高官の交渉が難航するなか、期限の16日6時を待たずして破棄され、シリア軍がザバダ … 続きを読む
■シリア軍がダマスカス郊外県ドゥーマー市、アイン・フィージャ町などを無差別空爆し、90人以上が死亡(2015年8月16日) ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がドゥーマー市の市場を「樽爆弾」などで空爆し、子供複数を含む82人が死亡(シリア人権監視団によると、その後死者は96人に)、250人以上が負傷した。
同監視団のラー … 続きを読む
■反体制派がアレッポ市、ラタキア市に対して無差別砲撃を行い、子供2人を含む10人以上が死亡(2015年8月17日) アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団がシリア政府支配下のアレッポ市ハーリディーヤ地区、カラム・トゥッラーブ地区、ハムダーニーヤ地区砲撃し、子供2人を含む10人が死亡、シリア軍兵士、国防隊隊員ら複
続きを読む
■オブライアン国連人道問題担当事務次長はドゥーマー市へのシリア軍の空爆を非難(2015年8月17日) シリアを訪問中のスティーブン・オブライアン国連人道問題担当事務次長は、16日のドゥーマー市に対するシリア軍の空爆に関して、記者会見で、民間人への攻撃は「違法で、受け入れられず、停止されねばならない」と述べた。 そのうえで … 続きを読む
■シリア軍がハマー県北部でファトフ軍に対する攻撃を激化させ、ガーブ平原の複数の村を奪還(2015年8月18日) ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターがガーブ平原北部に「樽爆弾」など100発以上を投下した。 シリア軍の空爆は、マシーク村、アンカーウィー村、カストゥーン村、ハミーディーヤ村、カーヒラ村、カルクー
続きを読む
■シリア軍がハマー県北部ガーブ平原で攻勢を続け、マンスーラ村、ヒルバト・ナークース村、タッル・ワースィト村、ズィヤーラ町などを奪還(2015年8月19日)
ハマー県では、シリア人権監視団によると、ガーブ平原のマンスーラ村周辺、ズィヤーラ町周辺、マシーク村で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員が、ジュンド・アクサー機構、シャームの民のヌスラ戦線、スンナ軍、アンサール・ディー
続きを読む
■シリア軍、ヒズブッラー戦闘員がザバダーニー市でシャーム自由人イスラーム運動と交戦するとともに、東グータ地方への空爆を続ける(2015年8月20日) ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ザバダーニー市で、シリア軍第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍がジハード主義武装集団、地元武装集団と交戦した。シリア軍はまた、ドゥーマー市に「樽爆弾」9 … 続きを読む→

3. 「ジュネーブ3」開催に向けたロシアによる仲介本格化

ロシア政府が、シリア政府と反体制派による和平交渉「ジュネーブ3」の開催に向け、反体制組織の代表らと折衝を本格化させる一方、国連では、スタファン・デミストラシリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表が提案したシリアの紛争解決に向けた作業グループの設置を支持する議長声明が採択された。

(主な関連記事)

■シリア政府と反体制派の和平協議「モスクワ3」開催に向け、ロシア外務省がシリアの反体制各派との折衝を本格化(2015年8月13日) ロシア外務省は、シリア政府と反体制派の和平協議「モスクワ3」開催に向け、反体制各派との折衝を本格化させ、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣がロシアを訪問中のシリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表と会談した。
トルコ … 続きを読む
■ロシアのラブロフ外務大臣が「第2回カイロ大会」の指導者と会談(2015年8月15日) ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、「第2回カイロ大会」の開催を主導したハイサム・マンナーア氏(「カフム」代表)、ハーリド・マハーミード氏、ジャマール・スライマーン氏、ジハード・マクディスィー氏と会談した。 シリア政府 … 続きを読む
■ズウビー情報大臣「シリア国民、シリア政府、アサド大統領の存在に抵触するような政治プロセスは誤った選択肢だ」(2015年8月16日) マフムード・ズウビー情報大臣は、イランの首都テヘランで開幕した第8回イスラーム放送テレビ連合総会に出席し、基調演説を行った。 演説のなかで、ズウビー情報大臣は「シリアは今日、モスクや教会が標的となり、イスラーム教徒、キリ
続きを読む
■国連安保理は「シリア主導の政治的プロセスを通じた紛争解決」を支持する安保理議長声明を採択(2015年8月17日) 国連安保理は、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表が7月末に提案した紛争解決に向けた作業部会設置(http://syriaarabspring.info/?p=21151)を支持する安保理議
続きを読む
■ロシア・イラン外相会談「アサド政権退陣を条件として受け入れることはできない」(2015年8月17日) イランのモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣は、ロシアの首都モスクワを訪問し、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣と会談、イラン核開発をめぐる協力、シリア情勢などを含む中東情勢、ウクライナ情勢について協議した。 会談後の共同記 … 続きを読む
■シリア外務省高官がデミストゥラ共同特別代表の声明を批判(2015年8月18日) シリアの外務在外居住者省高官は、SANA(8月18日付)に対し、シリア軍によるドゥーマー市空爆を批判したスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表の声明が「中立から乖離」していると批判、「テロ組織
続きを読む
■ロシアのボグダノフ副外相「ジュネーブ3開催準備に向けた実質的ステップを始動」(2015年8月19日) RIAノーヴォスチ通信(8月19日付)は、ロシアのミハエル・ボグダノフ外務副大臣が、シリア政府と反体制派の和平交渉「ジュネーブ3」開催準備に向けた実質的ステップを始動したと報じた。
ボグダノフ副大臣は「ジュネーブ3は個別会 … 続きを読む

**

シリア情勢についてもっと詳しく知りたい方は「シリア・アラブの春顛末期:最新シリア情勢」(http://syriaarabspring.info/)をご覧ください。またFacebook(https://twitter.com/SyriaArabSpring)、ツイッター(https://twitter.com/SyriaArabSpring)、Livdoor Blog(http://blog.livedoor.jp/syriaarabspring/)でも記事を配信しています。

(C)青山弘之 All rights reserved.

 

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク