日別アーカイブ: 2016年5月9日

反体制系サイト「クッルナー・シュラカー」と政府寄り日刊紙『ワタン』が東京外国語大学を拠点とする調査チームとSOCPSによるシリアでの世論調査結果を紹介:シリア国民の87.4%が貧困線以下(2016年5月9日)

反体制系サイトのクッルナー・シュラカー(5月9日付)は、東京外国語大学を拠点とする「「アラブの春」後の中東における非国家主体と政治構造」(科学研究費補助金基盤研究B、http://www.ac.auone-net.jp/ … 続きを読む

カテゴリー: その他, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍の空爆でイドリブ県マアッラト・ヌウマーン市の遺跡ハーン・ムラード・バーシャーの一部が損壊、複数人が死亡(2016年5月9日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(5月9日付)によると、シリア軍はハフサルジャ村を空爆し、子供3人、女性1人を含む10人が死亡した。 またシリア軍は、マアッラト・ヌウマーン市に対しても空爆を行い、市内中心部にある遺 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はヒムス県、ハマー県でダーイシュ拠点を空爆(2016年5月9日)

ヒムス県では、SANA(5月9日付)によると、シリア軍がマフル油田一帯、シャーイル石油ガス採掘所一帯、ジャズル油田一帯、タドムル市東方、ウンム・タバービール村一帯、ワーディー・マサク一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はアレッポ市などの「講和規定」適用を48時間延長(2016年5月9日)

シリア軍総司令部は声明を出し、5月10日午前1時に失効するアレッポ市および同市郊外とラタキア県での「講和規定」適用を48時間(5月11日午後24時まで)延長すると発表した。 ** ラタキア県では、SANA(5月9日付)に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ジュネーブ3会議に出席した国内の反体制派「シリア国民行動委員会」が分裂(2016年5月9日)

シリア民族社会党インティファーダ派代表のアリー・ハイダル国民和解担当国務大臣は声明を出し、自らが座長を務めるシリア国民行動委員会に関して、ジュネーブ3会議第3ラウンドに国内の反体制派代表として参加していた委員会メンバーの … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ISSGに参加する「シリアの友連絡グループ」諸国がパリで外相級会合し、シリア軍の空爆を停止させるようロシアを求める(2016年5月9日)

ISSG(国際シリア支援グループ)に参加する「シリアの友連絡グループ」諸国がフランスの首都パリで外相級会合を開き、シリア情勢への対応について協議した。 会合に参加したのは、米英仏、サウジアラビア、トルコ、カタール、UAE … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米・ロシア共同声明:ロシアは航空作戦の極小化を、米国は同盟国経由でのテロ支援抑止を約束(2016年5月9日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は米国のジョン・ケリー米国務長官と電話会談を行い、シリア情勢への対応について協議した。 ロシア外務省の声明によると、電話会談で米国側の要請によるもので、ラヴロフ外務大臣は、ケリー国務長官 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドーアン大統領が「ダーイシュと戦っているのはトルコ軍だけだ」と主張するなか、有志連合はアレッポ県北西部のダーイシュの攻勢に対して空爆で対抗(2016年5月9日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はイスタンブールで演説を行い、そのなかでトルコ軍がアレッポ県北西部のダーイシュ(イスラーム国)拠点に対して行う越境砲撃とダーイシュによるキリス市への砲撃に関して、「米国主導 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする