日別アーカイブ: 2016年6月18日

ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、第13師団などからなるファトフ軍は、アレッポ市南部郊外のシリア軍、ヒズブッラー、イラン革命防衛隊の拠点3カ村を制圧、ロシア軍の爆撃支援がないことが敗北の主因(2016年6月18日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市南部郊外のハルサ村一帯で、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、「穏健な反体制派」の第13師団(自由シリア軍)からなるなどからなるファトフ軍がシリア軍 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はマンビジュ市一帯でダーイシュとの戦闘を続ける(2016年6月18日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がマンビジュ市一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続けた。 シリア民主軍所属のマンビジュ軍事 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

カーター米国防長官は、欧米諸国が支援する「新シリア軍」へのロシアの爆撃を批判しつつ、「誤爆」との見方を示す(2016年6月18日)

アシュトン・カーター米国防長官は、16日にシリア・イラク国境のタンフ国境通行所一帯でのロシア軍による「新シリア軍」拠点の空爆に関して、「この事件はロシア軍がダーイシュ(イスラーム国)と戦う部隊を攻撃している一例だ」と述べ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのショイグ国防大臣がシリア駐留ロシア軍の拠点を視察、アサド大統領と会談(2016年6月18日)

アサド大統領は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部などを視察するためにシリアを訪問中のセルゲイ・ショイグ国防大臣と会談し、シリア・ロシア両国の軍事協力関係、シリア領内での「テロとの戦い」の合同作戦な … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする