日別アーカイブ: 2016年6月16日

米国務省高官50人がオバマ政権に「スタンドオフ兵器および航空兵器を慎重に使用し、より集中的で現実的な米国主導の外交を補強・推進」するよう求める文書を提出(2016年6月16日)

『ニューヨーク・タイムズ』(6月16日付)などは、米国務省高官少なくとも51人が、バラク・オバマ政権の対シリア政策に異議を唱える文書に著名していたと伝えた。 『ニューヨーク・タイムズ』が入手した同文書草案によると、国務省 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でシャーム自由人イスラーム運動の車輌が爆発に巻き込まれ、司令官ら2人が死亡(2016年6月16日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月16日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動の車列がマアッラト・ハルマ村とハズィーラーン村を結ぶ街道を走行中に、道路に仕掛けられた爆弾が爆発し、司令官の一人ユースフ・マクス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、シリア民主軍はラッカ県、アレッポ県マンビジュ市一帯でダーイシュとの戦闘を続ける(2016年6月16日)

アレッポ県では、ARA News(6月16日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属する革命家軍が、県北西部のタッル・カッラーフ村一帯でダーイシュ(イスラーム国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県北西部でトルコが越境砲撃を行うなか、ダーイシュと反体制武装集団の攻防続く(2016年6月16日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(6月16日付)によると、トルコ国境に近いアフマディーヤ村、タッル・バッタール村で反体制武装集団がダーイシュ(イスラーム国)と交戦、両村を制圧した。 ARA News(6月16日付) … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍所属のマンビジュ軍事評議会はドイツ軍の参戦を否定(2016年6月16日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会は、マンビジュ解放作戦にドイツ軍顧問が参加しているとの情報を否定した。 AFP, June 16, 2016、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

リヤド最高交渉委員会に所属するシリア国民連合、民主的変革諸勢力国民調整委員会は、EUによる紛争解決への取り組み強化を求める(2016年6月16日)

シリア革命反体制派国民連立と民主的変革諸勢力国民調整委員会は、ベルギーの首都ブリュッセルでの会合閉幕、共同声明を出し、EUに対して「シリアの紛争の政治的解決へのさらなる支援」を呼びかけた。 共同声明では、アサド政権による … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

SANAはダマスカス郊外県で反体制派が毒ガスを使用したと報道(2016年6月16日)

SANA(6月16日付)は、ダマスカス郊外県で東グータ地方のシリア軍拠点に対する15日の主義武装集団の攻撃で、有毒ガスが使用され、複数のシリア軍兵士が呼吸困難などの症状を訴えた。 『ハヤート』(6月16日付)は、これに関 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

米軍主導の有志連合は14、15日の2日間で13回の爆撃を実施(2016年6月16日)

米中央軍(CENTCOM)は、6月14日から15日の2日間でのシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 発表によると、6月14日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して26回の空爆を … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする