日別アーカイブ: 2016年6月1日

ファトフ軍の実質統括者のサウジ人ムハイスィニー氏は、ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などに対して、ロシア軍、シリア軍の空爆を受けたイドリブ市を武装解除するよう提案(2016年6月1日)

シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍の事実上の統括者のサウジアラビア人説教師のアブドゥッラー・ムハイスィニー氏は音声声明を出し、ロシア軍、シリア軍が空爆を断交したイドリブ市を武装解 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米主導の有志連合は、ラッカ県北部でもアレッポ県北西部でもなくアレッポ市東部マンビジュ市一帯を12回にわたり空爆(2016年6月1日)

米中央軍(CENTCOM)は、6月1日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は15回で、ラッカ市近郊(3回)、マンビジュ市近郊(12回 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

リヤド最高交渉委員会は国連にラマダーン月の全土停戦を提案する一方、ロシア国防省は6月1日の停戦違反を5件と発表、そのいずれもがリヤド最高交渉委員会所属のイスラーム軍によるものと断じる(2016年6月1日)

リヤド最高交渉委員会のメンバーの一人バスマ・カドマーニー女史は、委員会が国連に宛てて書簡を送り、そのなかでラマダーン月(6月6日~)の全土停戦を提案したことを明らかにした。 ** ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣とケリー米国務長官は電話会談でヌスラ戦線などのテロ組織に断固たる措置を講じることを確認(2016年6月1日)

ロシア外務省は声明で、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣がジョン・ケリー米国務長官と電話会談を行い、シャームの民のヌスラ戦線および同戦線以外のテロ組織に対する断固たる措置を講じる必要があることを確認した、と発表した。 RT(6月 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍と思われる戦闘機がイドリブ県スィージャル村を空爆し、15人が死亡(2016年6月1日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がルージュ平原のスィージャル村を空爆し、子供2人、女性2人を含む15人が死亡、25人が負傷した。 ARA News(6月1日付)などによると、空爆を行ったの … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス郊外県東グータ地方におけるイスラーム軍などの拠点都市ダーライヤー市に初の人道支援物資搬入(2016年6月1日)

ダマスカス郊外県では、『ハヤート』(6月2日付)などによると、国連とシリア赤新月社のチームが西グータ地方の反体制武装集団の拠点都市ダーライヤー市への初となる人道支援物資の搬入作業を行った。 ダーライヤー市は2012年以降 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍がダーイシュ支配下のヒムス県東部スフナ市近郊の避難民キャンプを空爆し、7人死亡(2016年6月1日)

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(6月1日付)によると、ロシア軍戦闘機がスフナ市北部の避難民キャンプを空爆し、子供3人を含む7人が死亡した。 ** ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県北西部でダーイシュと戦う「すべて」の武装集団が「ナスル旅団」の名で統合(2016年6月1日)

アレッポ県では、ARA News(6月1日付)によると、ナスル旅団が声明を出し、アレッポ県北部で活動する「すべての武装集団」を統合したと発表した。 同声明によると、ナスル旅団には、北部自由人旅団、北部アンサール旅団、アア … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア民主軍と有志連合のアレッポ県東部での攻勢に呼応するかたちでシリア軍、ロシア軍がアレッポ市一帯での攻撃を激化(2016年6月1日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、有志連合の後援を受けるシリア民主軍が東部で攻勢を強めるのに呼応するかたちで、戦闘機(所属明示せず)が、ジハード主義武装集団など反体制派が支配下に置くアレッポ市シャーフール地区、シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍は米軍主導の有志連合の支援を受け、ラッカ市ではなく、アレッポ県東部のダーイシュの拠点都市マンビジュ市攻略に向けて攻撃を激化、20カ村を制圧、また有志連合の空爆で住民15人が死亡(2016年6月1日)

アレッポ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(6月1日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍が米主導の有志連合の空爆による航空支援を受け、県東部のダーイシュ(イスラーム国)の拠 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア人権監視団は5月の死者数が4,927人を記録した発表、うち民間人は917人(2016年6月1日)

シリア人権監視団は声明を出し、2016年5月の1ヶ月間での死者数が4,927人を記録したと発表した。 同監視団によると、死者のうち、民間人は917人(うち子供185人、女性148人)、また民間人のうち334人(子供85人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする