日別アーカイブ: 2016年9月18日

イスラエル軍の空爆への報復として、シリア軍はクナイトラ県北部のヌスラ戦線と南部戦線などからなる反体制武装集団拠点を砲撃(2016年9月18日)

クナイトラ県では、ARA News(9月18日付)によると、シリア軍が、シャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)と南部戦線などからなる反体制武装集団が、最近の戦闘で掌握した県北部の拠点に対して大規模な砲撃を行っ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ムウダミーヤト・シャーム市(ダマスカス郊外県)に人道支援物資搬入、ヒムス市ワアル地区から戦闘員とその家族の退去始まる(2016年9月18日)

ダマスカス郊外県では、SANA(9月18日付)によると、国連とシリア赤新月社の支援チームがムウダミーヤト・シャーム市に人道支援物資を搬入した。 支援物資は食料品7,000箱、穀物7,000袋など。 ** ヒムス県では、ク … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍の支援を受け「ユーフラテスの盾」作戦に参加する反体制武装集団がアレッポ県北部で5カ村を新たに制圧(2016年9月18日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍の支援を受けるジハード主義武装集団などからなる反体制武装集団が、ラーイー村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、東タッルアール村、西タッルアール村を制圧した。 また、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米軍がシリア軍拠点を空爆したダイル・ザウル県サルダ山で今度はダーイシュがシリア軍戦闘機を撃墜(2016年9月18日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍のMiG戦闘機が、サルダ山一帯でのダーイシュ(イスラーム国)拠点に対する空爆作戦の最中にダーイシュの攻撃を受けて撃墜され、パイロット1人が死亡した。 シリア軍戦闘機 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

各地で反体制武装集団の停戦違反が相次ぐなか、シリア軍もアレッポ市などで空爆を再開(2016年9月18日)

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区一帯でシリア軍、ヒズブッラー戦闘員が、ラフマーン軍団などからなる反体制武装集団と交戦し、4人が負傷した。 またカーブーン区工業地区の石けん工場近くに迫撃砲弾が着弾し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのチュルキン国連大使は「米国主導の有志連合はシリア軍への空爆を実施しないことを誓約していた」と述べ、米国との停戦合意の一部を開示

ロシアのヴィタリー・チュルキン国連大使は記者会見で、ダイル・ザウル県サルダ山のシリア軍拠点に対して17日に米軍が行った空爆に関して、9日に米国・ロシアで交わした新停戦合意への違反だと非難した。 「根本的な質問として、ワシ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

サマンサ米国連大使は「アサド政権が民間の標的を意図的に空爆してきたにもかかわらずロシアは安保理緊急会合など呼びかけたことはなかった」と述べ、米軍によるシリア軍拠点空爆への批判に反論(2016年9月18日)

米中央軍(CENTCOM)は、有志連合がダイル・ザウル県サルダ山のシリア軍拠点に対する米軍の空爆に関して、「意図的ではなく…標的がシリア軍であることをロシア側から告知され、直ちに空爆を停止した」とする声明を出した。 同声 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

オーストラリア国防省はダイル・ザウル県サルダ山での17日の米軍によるシリア軍拠点空爆に同国軍が参加していたことを認め、誤爆を謝罪(2016年9月18日)

オーストラリア国防省は声明を出し、ダイル・ザウル県サルダ山のシリア軍拠点に対して17日に米軍が行った空爆に関して、有志連合に参加しているオーストラリア空軍も空爆に参加していたと発表した。 オーストラリア国防省によると、シ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア人権監視団によるとダイル・ザウル県サルダ山での17日の米軍によるシリア軍拠点空爆での死者は94人(2016年9月18日)

シリア人権監視団は、ダイル・ザウル県サルダ山のシリア軍拠点に対する米軍の空爆が実施された17日の1日間で、164人が死亡にのぼったと発表した。 うち94人がシリア軍兵士および親政権民兵で米軍の空爆により死亡、また24人が … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする