日別アーカイブ: 2016年9月7日

アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線(旧ヌスラ戦線)は宣伝ビデオで「シリア革命」を強調(2016年9月7日)

シャーム・ファトフ戦線(シャームの民のヌスラ戦線)は、インターネットを通じて「大血戦」と銘打った広報ビデオ(https://youtu.be/pdULs3eXZnk)を発表した。 アレッポ市南部郊外の士官学校一帯、アレッ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イラク人民兵組織のヌジャバー運動がアレッポ市南部郊外に1,000人以上の戦闘員を増派(2016年9月7日)

イラク人の民兵組織ヌジャバー運動のハーシム・ムーサウィー報道官は、同運動がアレッポ市南部郊外での対ファトフ軍戦線での拠点を強化するため、戦闘員1,000人以上をシリアに新たに派遣したと発表した。 ロイター(9月7日付)が … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコはアレッポ県国東部のジャラーブルス市に避難民292人を帰還させる(2016年9月7日)

アレッポ県では、『ハヤート』(9月8日付)がトルコの地元高官の話として伝えたところによると、トルコ軍と反体制武装集団による「ユーフラテスの盾」作戦によってダーイシュ(イスラーム国)から奪還したジャラーブルス市に、トルコ国 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はアーラク油田一帯(ヒムス県東部)、ダイル・ザウル市、アレッポ市東部郊外でダーイシュと交戦(2016年9月7日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアーラク油田一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 一方、SANA(9月7日付)によると、シリア軍がタドムル市郊外のシャーイル油田一帯、ジャズル油田一帯、アーラク村 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアル=カーイダ系連合組織ファトフ軍との戦闘の末アレッポ市南部のラームーサ・バス発着場を制圧(2016年9月7日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍および親政権民兵組織は、アレッポ市南西部のハーン・トゥーマーン村方面への進軍を続ける一方、アレッポ市南部のアーミリーヤ地区一帯、ラームーサ地区(ラームーサ・バス発着場一帯 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

バアス党シリア地域指導部はダマスカス大学支部、ダマスカス支部指導部の人事を改編(2016年9月7日)

ARA News(9月7日付)によると、バアス党シリア地域指導部はダマスカス大学支部、ダマスカス支部の各支部指導部の人事を改編、新指導部メンバーの氏名を発表した。 AFP, September 7, 2016、AP, S … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アサド大統領はフサイン・アフマド・ディヤーブ氏をアレッポ県知事に任命(2016年9月7日)

アサド大統領は2016年法令第285号を発し、ムハンマド・マルワーン・イラビー氏に代えて、フサイン・アフマド・ディヤーブ氏をアレッポ県知事に新たに任命した。 AFP, September 7, 2016、AP, Sept … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコのエルドーアン大統領「米主導の有志連合によるラッカ市攻略に参加する用意がある」(2016年9月7日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、中国の杭州で開かれていたG20サミットからトルコに戻る途中の機内で記者団に対して、トルコ軍が米主導の有志連合によるラッカ市への攻撃に参加する用意があると延べた。 『ヒュ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア外務省はトルコ軍のシリア領内への侵攻に「重大な懸念」を表明(2016年9月7日)

ロシア外務省は声明を出し、「トルコ軍およびトルコ政府の支援を受けるシリアの反体制武装集団がシリア領内に侵攻することに重大な懸念」を表明した。 また「トルコ軍の作戦はシリア国内の困難な政治・軍事情勢を複雑なものとする…。シ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は9月1~6日までのシリア国内での空爆実績を発表、ラッカ市一帯の空爆を重点化していることを明らかに(2016年9月7日)

米中央軍(CENTCOM)は、9月1日および4~6日までの4日間のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 9月1日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を実施、このう … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする