日別アーカイブ: 2018年4月25日

カタールのムハンマド外務大臣は「我々は緊急人道支援を送り、政治的解決に向けて活動する」と述べ、シリアは兵に消極姿勢を示す(2018年4月25日)

カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー外務大臣は、ドナルド・トランプ米大統領が米軍撤退と合わせて、アラブ諸国に対してシリアに部隊を展開するよう求めていることに関して、ツイッターのアカウント(h … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

サウジアラビアのジュバイル外務大臣はカタールに対し米軍のシリア駐留の費用を負担し、シリアに派兵するよう要請(2018年4月25日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、ドナルド・トランプ米大統領が米軍撤退と合わせて、アラブ諸国に対してシリアに部隊を展開するよう求めていることに関して「カタールは、米が基地配備などを通じて行っているカタール … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

OPCWの専門家チームはドゥーマー市で新たなサンプルを採取(2018年4月25日)

インターファクス通信(4月25日付)は、化学兵器禁止機関(OPCW)の専門家チームが、7日に塩素ガス使用疑惑事件が発生したダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市に入り、新たなサンプルを採取した。 専門家チームが現場入り … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米下院はシリア政府支配地域への支援を禁じた法案を賛成多数で可決(2018年4月25日)

米下院は、シリア政府支配地域への支援を禁じた法案を賛成多数で可決した。 この法案は、2019年度から2023年度までの5年間でシリア復興支援のために資金を拠出する際に大統領の承認を必要とする旨定めている。 『ハヤート』( … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

日本は国連機関を通じてシリア政府支配地域、ヨルダン、レバノンへの人道支援を約束:シリア支援国会合は目標額の半分以下の支援資金しか集められず(2018年4月25日)

ベルギーのブリュッセルでEUが主催するシリア支援国会合が2日間の日程を終え閉幕した。 「シリアと地域の未来を支援する」(Suporting the Future of Syria and the Region)ためのブリ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロイター:ロシア政府がシリア人や傭兵に軍事教練を行っている証拠を掴む(2018年4月25日)

ロイター(4月25日付)は、同通信社特派員が最近になって3度、シリアの首都ダマスカスからやって来た複数の男性がロシア南西部のモリキノにある基地に直接向かったとしたうえで、ロシアがシリア領内での空爆以外に、シリア人やロシア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア革命反体制国民連立の幹部が相次いで脱会、ムウタスィム旅団も絶縁(2018年4月25日)

ドゥラル・シャーミーヤ(4月25日付)は、シリア革命反体制国民連立の幹部が最近になって相次いで脱会していると伝えた。 脱会を表明したのは、ジョルジュ・サブラー元代表、スハイル・アタースィー氏、ハーリド・ハウジャ元代表ら。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トランプ米大統領「米国はイランにシリア支配の余地を与えないような適切な時期を選んで軍を撤退させる」(2018年4月25日)

ドナルド・トランプ米大統領はワシントンDCでフランスのエマニュエル・マクロン大統領と会談した。 会談後の共同記者会見で、トランプ大統領は、シリア情勢について、「米軍をシリアから撤退させ、帰宅させたい。だが、イランにシリア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構の幹部でサウジアラビア人説教師のムハイスィニー氏はシャーム解放機構とシリア解放戦線に再び戦火を交えないよう呼びかける(2018年4月25日)

シャーム解放機構の幹部でサウジアラビア人説教師のアブドゥッラー・ムハイスィニー氏はユーチューブ(4月25日付)を通じてビデオ声明を出し、シャーム解放機構、シリア解放戦線、シャームの鷹大隊によるイドリブ県、アレッポ県での停 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市でのシリア軍とダーイシュ、シャーム解放機構の戦闘続く(2018年4月25日)

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(4月25日付)によると、シリア軍がヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市にあるダーイシュ(イスラーム国)、シャーム解放機構の拠点に対する爆撃・砲撃を継続した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

東カラムーン地方(ダマスカス郊外県)で投降した反体制派戦闘員の免罪手続き開始(2018年4月25日)

ダマスカス郊外県では、SANA(4月25日付)によると、東カラムーン地方で活動を続けていた反体制武装集団戦闘員のうち、退去を希望しないメンバーらに対する免罪手続きがルハイバ市で行われ、戦闘員らが当局に投降した。 また、ル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア軍参謀本部:米英仏の攻撃に際してシリアの防空システムが撃墜したミサイルの残骸を公開、シリア政府に近く新たな防空システムを供与すると表明(2018年4月25日)

ロシア軍参謀本部機動総局のセルゲイ・ルドスコイ局長は、国防省で4月14日の米英仏のシリア攻撃などに関する記者会見を行った。 このなかで、ルドスコイ局長は、米英仏が攻撃したとする3カ所についての詳細な情報を開示した。 それ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする