日別アーカイブ: 2018年7月9日

YPG主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会はシリア政府との会合を高く評価、すべての民主的勢力にシリア人どうしの政治プロセスに参加するよう呼びかける(2018年7月29日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)と、ロジャヴァ人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会は、ハサカ県ダルバースィーヤ市ですべての参加勢力・政党による拡大会合を開催した。 拡大会合は、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県の砕石業者がシリア政府支配地域との取引への規制を強化するシャーム解放機構に抗議(2018年7月9日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月9日付)によると、 砕石工場の経営者や労働者が、シャーム解放機構への抗議デモを行った。 参加者は、シャーム解放機構がシリア政府支配地域に出荷される砕石などへの高額な税を課してい … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

革命特殊任務軍はヨルダンのラクバーン難民キャンプから難民を退去させることに同意したとの情報を否定(2018年7月9日)

米主導の有志連合の「協力部隊」(partner forces)の一つで、米国などの占領下にあるヒムス県タンフ国境通行所一帯で活動を続けている革命特殊任務軍は、ヨルダン北東部にあるルクバーン難民キャンプの住民に向けて声明を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米主導の有志連合はイラク・クルディスタン自治政府支配地域からロジャヴァ支配地域に軍用車輌500台を搬入(2018年7月9日)

『ハヤート』(7月10日付)は、複数の活動家の話として、四輪駆動車ハマーH1(ハンヴィー)や武器を搭載視した車輌約500台からなる米主導の有志連合の車列が、イラクのクルディスタン自治政府支配地域からシリア領内に進入し、ハ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領「復興が最優先課題…、いかなる勢力が占領していようと、シリア全土を解放するまでテロとの戦いを続ける」(2018年7月9日)

シリア大統領府は、アサド大統領は外務在外居住者省で職員らと公開意見交換会を開催し、内政問題、地域・国際問題、外交活動、政治や社会の展望について意見を交わしたと発表、ツイッターやフェイスブックのアカウントを通じて写真を公開 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ゴラン高原の兵力引き離し地帯でダルアー県からの避難民数百人がデモを行い、イスラエルに国境開放と保護を求める(2018年7月9日)

クナイトラ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月9日付)によると、ゴラン高原の兵力引き離し地域でダルアー県からの避難民数百人がデモを行い、イスラエルに国境を開放するよう求めた。 同サイトが転載した写真には、「我々は、我々を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ軍戦闘機・偵察機がアフリーン郡を数度にわたり領空侵犯(2018年7月9日)

アレッポ県では、ANHA(7月9日付)によると、トルコ軍戦闘機および偵察機複数機が、アフリーン郡シャッラー村一帯およびシーラーワー村一帯上空を数度にわたり侵犯した。 AFP, July 9, 2018、ANHA, Jul … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュはアレッポ県ICARDAのシャーム解放機構拠点を攻撃し、精鋭部隊戦闘員10人を殺害(2018年7月9日)

アレッポ県では、ANHA(7月9日付)によると、ICARDAに近い国際幹線道路(ダマスカス・アレッポ高速道路)に設置されているシャーム解放機構の拠点が何者かの攻撃を受け、シャーム解放機構の戦闘員10人が殺害された。 これ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はダルアー県の国境地帯全域を掌握、アル=カーイダ主導の反体制派が活動を続けるダルアー市南部を完全包囲するとともに、ダーイシュに忠誠を誓う武装集団の支配地域に到達(2018年7月9日)

ダルアー県では、SANA(7月9日付)によると、県南西部のザイズーン村とタッル・シハーブ町が地元和解プロセスの一環としてシリア政府との和解に応じ、シリア軍が同地に進駐した。 これにより、シリア政府はダルアー県のヨルダン国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヨルダン国境地帯に押し寄せていた避難民ほぼ全員(20万人以上)がシリア政府によるダルアー県南部掌握を受けて帰宅(2018年7月9日)

シリア人権監視団によると、6月19日以降に激化していた戦闘を避けてヨルダン国境方面に避難していた住民のほとんどにあたる20万人以上が、戦闘終息とシリア政府による同県南部および南東部の制圧を受けて、帰村した。 ダーイシュ( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年7月9日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月9日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(ハマー県1件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 トルコ側の監督チームも2件(アレッポ県1件、ハマー県1件)の停戦違 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は7月2日~7月8日までの7日間でシリア領内で22回の爆撃を実施(2018年7月9日)

米中央軍(CENTCOM)は、7月2日~7月8日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 7月2日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し4回の空爆を実施、このうちシリア領内で … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする