日別アーカイブ: 2018年7月18日

YPG主体のシリア民主軍の政治母体シリア民主評議会の前議長はダマスカス、ラタキア、ヒムスに事務所を開設すると述べる(2018年7月18日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会のイルハーム・アフマド前議長は、首都ダマスカスなどに近くシリア民主評議会の事務所を開設することを明らかにした … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

二つのアル=カーイダ、シャーム解放機構とシリア解放戦線がハマー県北部とイドリブ県南部の福祉提供に向けた合同調整室を設置(2018年7月18日)

シリアのアル=カーイダと目されているシャーム解放機構(旧シャームの民のヌスラ戦線)と、同じくアル=カーイダの系譜を汲むシリア解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動とヌールッディーン・ザンキー運動が結成)は、ハマー県北部と … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ドゥラル・シャーミーヤは撃墜されたロシア軍無人航空機の写真を公開(2018年7月18日)

ドゥラル・シャーミーヤ(7月18日付)は、ハマー県のガーブ平原に位置するタッル・ワースィト村西の農場にロシア軍の無人偵察機が墜落したと伝え、その写真を公開した。 AFP, July 18, 2018、ANHA, July … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

スンナ青年旅団司令官はロシア仲介の停戦合意に従い、シリア軍第5軍団に従軍(2018年7月18日)

スンナ青年旅団司令官で、「ダルアーのカエル」の異名で知られるアフマド・アウダ氏は、オリエント・ニュース(7月18日付)に対して、ダルアー県ブスラー・シャーム市でのロシア軍当事者和解調整センターの仲介によるシリア政府との停 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はハサカ県におけるダーイシュ最後の拠点アフラ村を制圧(2018年7月18日)

ハサカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月18日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が県南部におけるダーイシュ(イスラーム国)最後の拠点であるアフラ村に突入、同地 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県ジャラーブルス市近郊でYPG主体のシリア民主軍傘下のマンビジュ軍事評議会とトルコの支援を受ける武装集団が交戦(2018年7月18日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍傘下のマンビジュ軍事評議会広報センターによると、ジャラーブルス市近郊のトゥーハール・カビール村で、マンビジュ軍事評議会とトル … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県でYPG系の「オリーブの怒り」作戦司令室がアティマ村の反体制派施設を爆破、シリア軍もナージヤ村、ビダーマー町を砲撃、さらにダーナー市で大きな爆発(2018年7月18日)

「オリーブの怒り」作戦司令室を名乗る武装集団が、声明を出し、イドリブ県のアティマ村でトルコの支援を受けるシリア・ムスリム同胞団系のシャーム軍団の武器弾薬庫、塗装工場を爆破、戦闘員5人を殺害、6人を負傷させたと発表した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコの支援を受けるクルド人民兵組織が、司令官やメンバーを拘束され、クルド人指導者の名を冠した部隊名の変更を強いられる(2018年7月18日)

ANHA(7月18日付)は、トルコの実質占領下のアレッポ県北西部のアフリーン郡で活動するスルターン・ムラード師団傘下のミシュアル・タンムー旅団のアブー・マリヤム・ハサカーウィー司令官が2ヶ月以上前に失踪し、消息が不明にな … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダルアー県ナワー市で活動する武装集団がシリア軍の爆撃・砲撃を受け、停戦に応じる(2018年7月18日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジャービーヤ丘、ナワー市などシャーム解放機構などからなる反体制武装集団の支配地域を激しく爆撃・砲撃、少なくとも12人が死亡した。 ドゥラル・シャーミーヤ(7月18日付) … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム解放機構とイランの合意に従い、反体制派が包囲するシーア派の町にシリア政府が用意した大型バス120台以上が入る(2018年7月18日)

イドリブ県では、SANA(7月18日付)によると、シャーム解放機構とイランによる住民・拘置者・捕虜交換合意に従い、シリア政府が用意した大型旅客バス121台と救急車輌数十両が、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団の包 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年7月18日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月18日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(ラタキア県4件、ハマー県1件)確認したと発表した。 トルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかった。 Ministr … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする