日別アーカイブ: 2019年3月11日

ロシアとYPG主体のシリア民主軍は、米軍撤退後にマンビジュ市一帯にロシア軍を展開させることで合意(2019年3月11日)

アル・モニター(3月11日付)は、ロシアと人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がアレッポ県マンビジュ市一帯地域の処遇に関する合意を締結したと伝え、その内容を明らかにした。 合意は、トルコおよびその支援を受ける武装集団が … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はダーイシュ最後の拠点バーグーズ村を爆撃、YPG主体のシリア民主軍の総攻撃続く(2019年3月11日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(3月11日付)によると、10日晩からダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地(上)バーグーズ村で再開された人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍による総攻撃は、11日早朝まで続き、ダーイシュ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県北部でシリア民主軍所属のバーブ軍事評議会とトルコの支援を受ける武装集団が砲撃戦(2019年3月11日)

アレッポ県では、ANHA(3月11日付)によると、トルコの支援を受ける反体制武装集団が、ブワイヒジュ村にある人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するバーブ軍事評議会の拠点を砲撃、バーブ軍事評議会が応戦した。 AF … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

OPCWシリア常駐代表は昨年4月の東グータ地方での化学兵器使用疑惑事件に関する最終報告書を「事実からの深刻な逸脱、多くの矛盾、一貫性の欠如が見られる」と批判(2019年3月11日)

化学兵器禁止機関(OPCW)シリア常駐代表のバッサーム・サッバーグ氏は、オランダのハーグでロシア常駐代表部が開催した記者会見に出席し、3月1日にOPCWの事実調査団(FFM)が提出したダマスカス郊外県東グータ地方での20 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省はロシア軍がイドリブ県を爆撃しているとする一部報道を否定(2019年3月11日)

ロシア国防省は声明を出し、ロシア軍戦闘機がイドリブ県各所を爆撃しているとするアブハジア通信(ANNA News)などロシアの複数メディアの報道に関して、「事実に反する」と発表した。 スプートニク・ニュース(3月11日付) … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハマー県、イドリブ県、ラタキア県でシャーム解放機構などと交戦(2019年3月11日)

ハマー県では、SANA(3月11日付)によると、ハーン・シャイフーン市、タッル・マンス村で活動を続けるシャーム解放機構がシリア政府支配地域を砲撃、シリア軍が同地にあるシャーム解放機構の拠点や陣地を砲撃して、応戦した。 一 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから93人、ヨルダンから674人の難民が帰国、避難民93人が帰宅(2019年3月11日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月10日付)を公開し、3月9日に難民767人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは93人(うち女性28人、子供48人)、ヨル … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする