日別アーカイブ: 2019年3月26日

米主導の有志連合は3月10日~23日までの14日間でシリア・イラク領内で250回の爆撃を実施(2019年3月26日)

米中央軍(CENTCOM)は、3月10日~23日の14日間でのシリア、イラク両国における有志連合の爆撃の戦果をHPで発表した。 それによると、両国領内でのダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対する爆撃回数は250回で、う … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国務省報道官:米軍のシリア駐留は国際法上は集団自衛権、国内法上はAUMFに基づいており合法(2019年3月26日)

米国務省報道官は、『ニューズウィーク』(3月26日付)の取材に対し、「米国と有志連合諸国はダーイシュ(イスラーム国)を敗北させるためにシリアにいるという明確な法的権限を有している、そう我々は一環して主張してきた」と応えた … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア政府とシャーム解放機構(アル=カーイダ)が拘留者3人の解放とシリア軍兵士の集団墓地を示した地図を交換することで合意、ホワイト・ヘルメットが拘留者の身柄を引き取る(2019年3月26日)

シリア政府は、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構との交渉の末、5年前から拘束している男性2人と女性1人を解放する見返りとして、イドリブ県東部の集団墓地の所在を示した地図を受け取ることで合意した。 これを受け … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

トルコのチャヴシュオール外務大臣「一部アラブ諸国はイスラエルと米国を恐れてトランプ大統領を敢えて批判していない」(2019年3月26日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ドナルド・トランプ米大統領が25日にシリア領ゴラン高原に対するイスラエルの主権を認める大統領令に署名したことに関して「一部アラブ諸国はイスラエルと米国を恐れてトランプ大統領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

国連安保理の常任・非常任理事国を務める欧州5カ国、アラブ諸国、日本などもトランプ米大統領がゴラン高原に対するイスラエルの主権を承認する大統領に署名したことに反対(2019年3月26日)

国連安保理の常任・非常任理事国を務める欧州5カ国(英国、フランス、ドイツ、ポーランド、ベルギー)の代表は、ニューヨークの国連本部で記者会見を開き、ドナルド・トランプ米大統領が25日にシリア領ゴラン高原に対するイスラエルの … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

反体制派が、トランプ米大統領がゴラン高原に対するイスラエルの主権を承認する大統領に署名したことに初めて意見を表明(2019年3月26日)

トルコの支援を受け、アレッポ県北部で活動を続ける国民解放戦線は声明を出し、ドナルド・トランプ米大統領が25日にシリア領ゴラン高原に対するイスラエルの主権を認める大統領令に署名したことに関して「完全に拒否し、批判する」と表 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長「トランプ米大統領の決定は国際法への侮辱、国際機関の無力を示している」(2019年3月26日)

レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、マナール・チャンネル(3月26日付)を通じて演説を行い、ドナルド・トランプ米大統領が25日にシリア領ゴラン高原に対するイスラエルの主権を認める大統領令に署名したことに … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

シリア各地で、トランプ米大統領がゴラン高原に対するイスラエルの主権を承認する大統領に署名したことに抗議する大規模デモ(2019年3月26日)

ヒムス市、スワイダー市、ダルアー市、ハサカ市、ハマー市、スカイラビーヤ市(ハマー県)、サラミーヤ市(ハマー県)、バアス市(クナイトラ県)、ラタキア市、ダイル・ザウル市、アレッポ市で、バアス党、人民諸組織、組合諸組合の呼び … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

レバノンのアウン大統領「レバノンにいるシリア難民を帰還させるため、レバノン・ロシア・シリア三カ国の行動を推進させる」(2019年3月26日)

レバノンのミシェル・アウン大統領は、訪問先のロシアの首都モスクワでヴラジミール・プーチン大統領との会談後、OTV(3月26日付)に対して、レバノンにいるシリア難民を帰還させるため、レバノン・ロシア・シリア三カ国の行動を推 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 諸外国の動き | コメントする

マヤーディーン市(ダイル・ザウル県)で国防隊の本部が自爆攻撃を受け、13人死亡(2019年3月26日)

ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月26日付)によると、マヤーディーン市になる国防隊の本部が、自爆攻撃を受け、なかにいた民兵13人が死亡、15人が負傷した。 AFP, March 26, 2019、ANHA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県北部のタッル・リフアト市一帯でロシア・トルコ両軍が合同パトロールを初めて実施(2019年3月26日)

トルコ国防省は声明を出し、アレッポ県北部のタッル・リフアト市一帯でロシア・トルコ両軍が合同パトロールを初めて実施したと発表した。 タッル・リフアト市一帯は、シリア政府と北・東シリア自治局が共同統治をしており、トルコの占領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ジェフリー米国務省シリア問題担当特使「米国はトルコと国境に安全地帯を設置しようとしており、そこにはYPGは駐留しない」(2019年3月26日)

ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使は、ワシントンDCで記者会見を開き、北・東シリア自治局の支配下にあるシリア北東部の処遇に関して、「すべての当事者を満足させる解決策を検討している」としたうえで、「米国はトル … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

バーブ市(アレッポ県)東方のバーブ軍事評議会(YPG主体のシリア民主軍所属)拠点をトルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が砲撃(2019年3月26日)

アレッポ県では、ANHA(3月26日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、バーブ市の東に位置するシャイフ・ナースィル村(クルト・ワイラーン村)、クールフユーク村、ブーガーズ村にあるバーブ軍事評議会(人 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア当事者和解調整センターと国外難民帰還調整委員会がルクバーン・キャンプの難民の処遇改善・帰還に向けた対応を協議(2019年3月26日)

ロシア当事者和解調整センターと国外難民帰還調整委員会が、ヒムス県スフナ市南部のジュライギーム通行所で調査会合を開き、米国が占領するヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に隣接するヨルダン北東部のルクバー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はアレッポ県、イドリブ県、ハマー県でシャーム解放機構などと交戦、砲撃により子供2人が死亡(2019年3月26日)

アレッポ県、ANHA(3月26日付)によると、トルコの支援を受ける反体制武装集団が、アレッポ市ラーシディーン地区、ハラブ・ジャディーダ地区を砲撃、これに対してシリア軍もアレッポ市西の反体制派支配地域(ラーシディーン地区、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから179人、ヨルダンから433人の難民が帰国、避難民144人が帰宅(2019年3月26日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月26日付)を公開し、3月25日に難民612人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは179人(うち女性54人、子供92人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする