日別アーカイブ: 2019年6月15日

シリア政府と北・東シリア自治局がダイル・ザウル県産の石油の移送について協議、ダーイシュの元メンバーがこれを仲介(2019年6月15日)

ユーフラテス・ポスト(6月15日付)は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍とシリア政府が、ダイル・ザウル県産の石油のシリア政府支配地域への移送について協議、ダーイシュ(イスラーム国)の元メンバーが仲介にあたったと伝え … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

首都ダマスカスにある軍の弾薬庫で大きな爆発が発生(2019年6月15日)

SANA(6月15日付)は、シリア軍情報筋の話として、首都ダマスカス西部にある軍の弾薬庫の一つで爆発が発生したと伝えた。 同情報筋によると、爆発の原因は不明で、現在調査中だという。 ANHA(6月15日付)によると、爆発 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下ハサカ市でオートバイに仕掛けられた爆弾が爆発(2019年6月15日)

ハサカ県では、ANHA(6月15日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるハサカ市の工業専門学校交差点で、オートバイに仕掛けられた爆弾が爆発し、住民2人が軽傷を負った。 一方、SANA(6月15日付 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がイドリブ県、ハマー県を激しく爆撃、民間人13人を含む68人が死亡(2019年6月15日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから46日目となる6月15日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから420人、ヨルダンから1,071人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年6月15日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月15日付)を公開し、6月14日に難民1,491人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは420人(うち女性126人、子供21 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする