日別アーカイブ: 2019年6月6日

米占領地に隣接するルクバーン・キャンプで、ヨルダンでの治療を求めていた女性がイード・アル=フィトルの休暇を理由に入国を拒否され死亡(2019年6月6日)

米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県タンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部の国境地帯のクルバーン・キャンプで、ヨルダンでの治療を求めていた難民の女性が、入国を拒否され死亡した。 バーディヤ24( … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

クナイトラ県ハドル村からイスラエル占領下のゴラン高原に地対空ミサイル4発が発射、イスラエル軍は全て撃破(2019年6月6日)

『ハアレツ』(6月6日付)などイスラエルの複数メディアは、6日晩に占領下ゴラン高原のヘルモン(シャイフ)山上空に向かってシリア側から対空砲4発が発射された、と伝えた。 対空砲はクナイトラ県ハドル村から発射され、イスラエル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局の支配下にあるマンビジュ市近郊で車に仕掛けられた爆弾が爆発(2019年6月6日)

アレッポ県では、ANHA(6月6日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるマンビジュ市西のジュッブ・マフズーム村で未明、車に仕掛けられた爆弾が爆発した。 死傷者は出なかった。 AFP, June 6, 2019、A … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム解放機構、国民解放戦線、イッザ軍はハマー県北部で反転攻勢を開始、最近の戦闘でシリア軍が制圧していたタッル・ミルフ村などを奪還(2019年6月6日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから37日目となる6月6日も、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから286人、ヨルダンから1,725人の難民が帰国、避難民7人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年6月6日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月6日付)を公開し、6月5日に難民2,011人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは286人(うち女性52人、子供89人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする