日別アーカイブ: 2019年6月7日

反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府が共同統治するタッル・リフアト市一帯地域を砲撃(2019年6月7日)

アレッポ県では、ANHA(6月9日付)によると、トルコ占領下のアアザーズ市とカフルハーシル村に展開する反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府が共同統治するタッル・リフアト市一帯地域(シャフバー地区)を砲撃した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリアのメディア筋:ハマースには「同胞団の血」が流れており、シリアでテロリストを支援したことで、イスラエルが欲する計略のなかに身を置いている(2019年6月7日)

SANA(6月7日付)は、シリアのメディア筋の話として、パレスチナのハマースがシリア政府との関係を改善したとの報道や噂は事実無根だと伝えた。 同メディア筋は、この問題に関するシリア政府の姿勢は不変で、ハマースをイスラエル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構などからなる反体制派はハマー県北部の要衝ジャルマ村の一部を制圧、シリア政府支配下のスカイラビーヤ市とムハルダ市を結ぶ街道を寸断(2019年6月7日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから38日目となる6月7日も、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから264人、ヨルダンから1,022人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年6月7日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月7日付)を公開し、6月6日に難民1,286人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは264人(うち女性52人、子供89人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする