日別アーカイブ: 2019年7月23日

ヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯に駐留する米軍は約1,000人(2019年7月23日)

CBSニュース(7月23日付)は、米軍が駐留を続けるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯(55キロ地帯)を現地取材、同地に米軍兵士約1,000人が駐留を続けていると伝えた。 取材は、フランク・マッケンジー米中央軍司令官( … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表が目を負傷、治療のため活動を制限(2019年7月23日)

シリア問題担当国連特別代表事務所はツイッターのアカウント(https://twitter.com/unenvoysyria)を通じて声明を出し、ゲイル・ペデルセン氏が事故で目を負傷し、治療中の渡航を控えるよう医師に忠告さ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県北部でダーイシュ・メンバーの数が増加、街にはダーイシュの旗が描かれた車も(2019年7月23日)

ANHA(7月23日付)は、トルコの占領下にあるアレッポ県北部のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域の北東の端に位置するユーフラテス川沿いの国境の町ジャラーブルス市で、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員が徐々に数を増している … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるハサカ市でオートバイに仕掛けられていた爆弾が爆発(2019年7月23日)

ハサカ県では、ANHA(7月23日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるハサカ市のダルバースィーヤ街道でオートバイに仕掛けられていた爆弾が爆発した。 AFP, July 23, 2019、ANHA … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣はベラルーシのルマス首相と会談(2019年7月23日)

ベラルーシを公式訪問中のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は、首都ミンスクでセルゲイ・ルマス首相と会談し、二国間の経済関係、政治関係の今後、シリアの首都ダマスカスで開催予定の第7回シリア・ベラルーシ合同委員会 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍によるイドリブ県、ハマー県への爆撃は続き、民間人12人が新たに死亡(2019年7月23日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから83日目となる7月23日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから375人、ヨルダンから1,111人の難民が帰国、避難民2人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年7月23日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月23日付)を公開し、7月22日に難民1,486人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは375人(うち女性52人、子供89人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする