日別アーカイブ: 2019年7月6日

米主導の有志連合は占領下に置くタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)で活動を続ける反体制武装集団の増強を決定(2019年7月6日)

ユーフラテス・ポスト(7月6日付)は、米主導の有志連合は、ヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)で活動を続ける反体制武装集団を増強するため、これらの組織への戦闘員入隊の窓口を開放する決定を下した、と伝え … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が電話会談でシリア情勢への対応を協議(2019年7月6日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は電話会談を行い、シリア情勢への対応について意見を交わした。 スプートニク・ニュース(7月6日付)によると、両首脳は会談で、アスタナ会 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

反トルコ闘争を続けるアレキサンドレッタ地方解放人民戦線のアリー・カヤーリー氏(別名ミフラチュ・ウラル)が車の爆発に巻き込まれて重傷(2019年7月6日)

シリアのアサド政権を支持し反体制派との戦闘に参加してきた人民防衛諸集団の一つで反トルコ闘争を続けているアレキサンドレッタ地方解放人民戦線は声明を出し、代表のアリー・カヤーリー氏(別名ミフラチュ・ウラル)の車に仕掛けられて … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市に近いマーリキーヤ村各所を砲撃(2019年7月6日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市に近いマーリキーヤ村各所を砲撃した。 一方、ANHA(7月6日付)によると、アフリーン解放軍団がトルコ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県での戦闘で32人(民間人6人、シリア軍兵士25人、反体制武装集団戦闘員1人)死亡(2019年7月6日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから66日目となる7月6日、シリア・ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから433人、ヨルダンから1,979人の難民が帰国、避難民14人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年7月6日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月6日付)を公開し、7月5日に難民1,979人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは433人(うち女性89人、子供152人) … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする