日別アーカイブ: 2019年7月11日

内務省総合情報局はロシアの提案に応じ、政府関連施設などの警備を統括する第801課を新設、イランの影響力排除を画策(2019年7月11日)

『シャルク・アウサト』(7月11日付)は、複数の反体制筋の話として、シリア政府が最近、ロシアの提案を受けて、内務省総合情報局内に新たな部局を開設したと伝えた。 この部局は「第801課」と名づけられ、政府関連施設、大使館、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県のフール難民キャンプに収容されていた201人がダイル・ザウル県に帰村(2019年7月11日)

ハサカ県では、北・東シリア自治局傘下のダイル・ザウル民政評議会の代表や部族代表が同席するなか、フール難民キャンプの事務局は、キャンプに収容されていた女性と子供201人が、ダイル・ザウル県の部族長らを身元保証人とするかたち … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 難民・IDP | コメントする

トルコ占領下のアフリーン市でオリーブの怒り作戦司令室が反体制派の拠点を爆破、戦闘員とダマスカス郊外県からの移住者11人が死亡(2019年7月11日)

アレッポ県では、トルコの占領下にあるアフリーン市のフィーラート通りと同市東部に隣接するタルナダ村で連続して爆発が起きた。 ANHA(7月11日付)によると、タルナダ村での爆発は、車に仕掛けられた爆弾によるもので、トルコの … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるカーミシュリー市の教会近くで爆発し民間人10人以上が負傷、ハサカ市でも3回にわたり爆発が発生(2019年7月11日)

ハサカ県では、SANA(7月11日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるカーミシュリー市のアズラー教会近くで車に仕掛けられた爆弾が爆発し、住民11人が負傷した。 ANHA(7月11日付)によると、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍は前日に反体制派に制圧されたハマー県北部の要衝ハマーミーヤート村一帯の大部分を再び奪還(2019年7月11日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから71日目となる7月11日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする