日別アーカイブ: 2015年1月8日

イスラーム国が『シャルリ・エブド』誌襲撃事件実行犯を「英雄的ジハード主義者」と賞賛(2015年1月8日)

ダーイシュ(イスラーム国)は、自らが運営するバヤーン放送を通じて音声声明を出し、7日にフランスのパリで発生した『シャルリ・エブド』誌襲撃事件に関して、実行犯を「英雄的ジハード主義者」と賞賛した。 Idha’a … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:ハサカでダーイシュ・メンバーの父親でモスクの導師が斬首(2015年1月8日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がアブー・フワイト村のモスクの導師(イマーム)を拘束(約2週間前)、シャッダーディー市に連行し、斬首した。 「アッラーを侮辱」したことが罪状だという。 こ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:アブー・アマーラ大隊による住民処刑相次ぐ(2015年1月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市のシャリーア法廷とアブー・アマーラ特殊任務中隊は、アレッポ市シャッアール地区のバヤーン病院屋上から、「男性とわいせつな行為を行った」罪で男性一人を突き落とし、処刑した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

人権団体発表:12月の死者数は4,358人(うちシリア軍兵士らは1,304人、反体制勢力はシリア人が642人、外国人戦闘員が1,352人)(2015年1月8日)

シリア人権監視団は、2014年12月の紛争による死者数が4,358人を記録したと発表した。 死者の内訳は以下の通り: 民間人1,052人(うち8歳以下の子供156人、18歳以上の女性91人、シュアイタート部族子息230人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

人権団体発表:寒波により、2011年3月以降初めて戦闘による死者を記録せず(2015年1月8日)

シリア人権監視団は1月8日、シリア全土を覆った寒波と降雪により、2011年3年以降初めて紛争による死者が確認されなかった、と発表した。 アブドゥッラフマーン・ラーミー代表は「寒波は、避難民や市民は新たな苦難を与えているが … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする