日別アーカイブ: 2015年1月16日

イスラーム国がラッカ市の学校を再開(2015年1月16日)

ダーイシュ(イスラーム国)ラッカ州の教育局は、17日付で新学期を開始し、男子校12校、女子校12校の校名を改称したうえで再開すると発表した。 再開される学校は、ヒッティーン学校、アブー・ムスアブ・ザルカーウィー学校、アブ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米国防総省報道官:「現時点でシリア政府軍を空爆する意思はない」(2015年1月16日)

米国防総省のジョン・カービー報道官は記者会見で、シリア領内での米国など有志連合による空爆に関して「現時点でシリア政府軍を空爆する意思はない」と述べた。 ARA News(1月17日付)が伝えた。 ARA News, Ja … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国防省報道官:「穏健な反体制派」5,000人を教練するため米兵400人を派遣(2015年1月16日)

米国防総省のスティーブ・ウォーレン報道官はロイター(1月17日付)に、今年3月から開始予定のシリアの「穏健な反体制派」への教練に関して、米軍から400人を派遣すると語った。 米国は2015年に「穏健な反体制派」5,000 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア外相:どの反体制派も「モスクワ1」への最終的態度を表明していない(2015年1月16日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は記者会見で、モスクワで開催予定のシリア政府と反体制勢力の和平会議(「モスクワ1」)に関して、「会合開催の準備は集中的に行われている。シリアの反体制勢力のどの当事者も今のところ、我々に最 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:元収監者が「バーブ市裁判所への砲撃で800人以上が死亡した」と証言(2015年1月16日)

ダーイシュ(イスラーム国)によって最近釈放されたというアブー・アーミルを名のる元収監者はクッルナー・シュラカー(1月16日付)に対して、約1カ月半前にダーイシュが本部として使用しているアレッポ県バーブ市の裁判所にロケット … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:アレッポ、イドリブで戦闘続く(2015年1月16日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がビンニシュ市、カフルタハーリーム町、アルマナーズ市、マアッラト・ヌウマーン市、サラーキブ市各所を「樽爆弾」などで空爆・砲撃した。 一方、SANA(1月16日付)によると … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

人権団体発表(2015年1月16日)

シリア人権監視団は、2014年9月に激化したアイン・アラブ市(アレッポ県)での攻防戦での死者数が2015年1月16日現在で1,607人に達していると発表した。 このうちダーイシュ(イスラーム国)戦闘員は1,091人、西ク … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス市ワアル地区に人道支援物資搬入(2015年1月16日)

『ハヤート』(1月17日付)によると、ヒムス市ワアル地区でのシリア軍と反体制武装集団の一時停戦合意を受け、国連の人道支援チームが、同市内に取り残されている8,500世帯(約4万3,500人)のための食糧・医療物資の搬入作 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする