日別アーカイブ: 2015年8月9日

シリア軍がハマー県北部で敗退する一方、アレッポ市スライマーン・ハラビー地区の建物群を制圧(2015年8月9日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ファトフ軍を構成するシャームの民のヌスラ戦線、ジュンド・アクサー機構、トルキスターン・イスラーム党、シャーム自由人イスラーム運動、ハック旅団、シャーム軍団、スンナ軍、第101歩兵師 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)が反体制武装集団支配下のアレッポ県北部ウンム・フーシュ村を制圧、ヌスラ戦線は米トルコが設置したアレッポ県北部の「安全保障地帯」からの撤退を続ける(2015年8月9日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、ジハード主義武装集団などの支配下にあるウンム・フーシュ村で、戦闘員が自爆攻撃などを行い、ジハード主義者18人を殲滅、同地を制圧した。 この戦闘で、ダ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外相「ダーイシュ(イスラーム国)撲滅を効果的に進めるためにはダブル・スタンダードを止め、アサド政権を「テロとの戦い」におけるパートナーとみなす必要がある」(2015年8月9日)

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、ロシア国営テレビ「チャンネル1」のインタビューに応じ、そのなかでシリア情勢について触れ、欧米諸国が「ダーイシュ(イスラーム国)撲滅を効果的に進めるためにはダブル・スタンダードを止め、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領の甥のスライマーン氏への極刑を求めるデモがラタキア市で発生し、1,000人以上が参加(2015年8月9日)

ラタキア県では、シリア人権監視団などによると、アサド大統領の甥のスライマーン・アサド氏が7日ラタキア市内でハッサーン・シャイフ空軍大佐を射殺したとされる事件に抗議する座り込みデモが8日晩から9日にかけてズィラーア交差点で … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

クッルナー・シュラカー:タッル・アブヤド市でダーイシュ(イスラーム国)が地元出身のメンバーを粛清(2015年8月9日)

ラッカ県では、クッルナー・シュラカー(8月9日付)によると、タッル・アブヤド市で、地元出身のダーイシュ(イスラーム国)メンバー(アンサール)が2週間ほど前に、市内のチェックポイント(第11チェックポイント)近くで、外国人 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アレッポ市内の反体制派がシリア・ポンドに代えてトルコ・リラの使用を宣言(2015年8月9日)

シリア解放区通貨交換委員会はアレッポ市内で記者会見を開き、「革命武装集団、諸団体、裁判所とともに、シリアの通貨の代わりにトルコの通貨を使用することを決定し、シリア政府に経済的に圧力をかけ、その打倒と新通貨の発行をめざす」 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする