日別アーカイブ: 2015年8月12日

トルコ外務省はヌスラ戦線が主導するファトフ軍拠点への空爆関与を否定(2015年8月12日)

トルコ外務省は声明を出し、11日にイドリブ県アティマ村のファトフ軍(スンナ軍)拠点に対して有志連合が行ったとされる空爆に関して、「インジルリク空軍基地を含むトルコのいかなる基地からも有人無人の戦闘機は発進していない」と発 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国務省報道官「トルコと合意したのはシリア北部での安全保障の設置ではなく、ダーイシュ(イスラーム国)と戦うため」(2015年8月12日)

マーク・トナー米国務省報道官は、米トルコ両政府がアレッポ県北部で設置合意したとされる「安全地帯」に関して、「トルコと合意したのはシリア北部での安全保障の設置ではない。合意はダーイシュ(イスラーム国)と戦うためだ」としたう … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヌスラ戦線が撤退したアレッポ市北部(「安全保障地帯」)で、ダーイシュ(イスラーム国)と「穏健な反体制派」が捕虜交換(2015年8月12日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月12日付)によると、トルコ国境に近いハルジャラ村で、ダーイシュ(イスラーム国)と、「穏健な反体制派」(自由シリア軍)と目されるバーズ大隊が捕虜交換を行った。 ダーイシュ側は1年 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ファトフ軍に参加するジュンド・アクサー機構が「外国の計略」に乗り、幹部暗殺を企てていた「穏健な反体制派」のメンバー5人を処刑(2015年8月12日)

ファトフ軍を構成するジュンド・アクサー機構は声明を出し、外国の計略に乗り、シャームの民のヌスラ戦線やジュンド・アクサー機構の司令官の暗殺を目的として要請された組織(「穏健な反体制派」)のメンバー5人をイドリブ県某所で処刑 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

レバノン大統領選挙が27回目の延期(2015年8月12日)

ナビーフ・ビッリー国民議会議長は、大統領選挙(第2回投票)のための特別会(27回目、8月12日予定)が定足数に達しなかったことを受け、会合を9月2日に再び延期すると決定した。 ナハールネット(8月12日付)が伝えた。 A … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノンで「爆弾製造に使用することも可能な化学物質」をシリア国境地帯に持ち込もうとした男性逮捕(2015年8月12日)

ナハールネット(8月12日付)によると、レバノン軍司令部は声明を出し、「爆弾製造に使用することも可能な化学物質」をベカーア県バアルベック郡アルサール村の北東部郊外(シリア国境地帯)に持ち込もうとしたレバノン人男性アフマド … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

反体制武装集団が首都ダマスカスを無差別砲撃し13人死亡、シリア軍もダマスカス郊外県一帯を報復空爆し37人死亡(2015年8月12日)

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団が早朝、迫撃砲50発以上で無差別砲撃を行い、ロシア大使館周辺(アダウィー地区)、ウマウィーイーン広場、ザバダーニー地区、バグダード糸折り、マッザ区、カッザーズ地区 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県カンスフラ村で、ダーイシュ(イスラーム国)がシャーム自由人イスラーム運動本部に対して自爆攻撃(2015年8月12日)

イドリブ県では、ARA News(8月12日付)によると、カンスフラ村にあるシャーム自由人イスラーム運動の本部近くで、ダーイシュ(イスラーム国)を名乗る武装集団の戦闘員が自爆ベルトを爆発させ、シャーム自由人イスラーム運動 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ、イラン、そしてシリアの野党の仲介により、ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)で一時停戦(2015年8月12日)

ダマスカス郊外県では、AFP(8月12日付)によると、ザバダーニー市一帯で戦闘を続けるシリア軍(第4師団)、ヒズブッラー戦闘員と、シャーム自由人イスラーム運動などからなるジハード主義武装集団および地元の武装集団の間で、7 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領がイランのザリーフ外相と会談(2015年8月12日)

アサド大統領はシリアを訪問したイランのモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣とダマスカスで会談した。 SANA(8月12日付)によると、会談では、アサド大統領が最初に、イランの核開発をめぐる「P5+1」との合意への祝辞 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする