日別アーカイブ: 2015年8月16日

ダーイシュ(イスラーム国)が米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全保障地帯」で攻勢を続ける(2015年8月16日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がマーリア市とサンダフ村を結ぶ街道で爆弾を爆発させ、反体制武装集団と交戦した。 また有志連合と思われる戦闘機がバーブ市近郊のターディフ市一帯を空爆した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がダマスカス郊外県ドゥーマー市、アイン・フィージャ町などを無差別爆撃し、90人以上が死亡(2015年8月16日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がドゥーマー市の市場を「樽爆弾」などで空爆し、子供複数を含む82人が死亡(シリア人権監視団によると、その後死者は96人に)、250人以上が負傷した。 同監視団のラー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ズウビー情報大臣「シリア国民、シリア政府、アサド大統領の存在に抵触するような政治プロセスは誤った選択肢だ」(2015年8月16日)

マフムード・ズウビー情報大臣は、イランの首都テヘランで開幕した第8回イスラーム放送テレビ連合総会に出席し、基調演説を行った。 演説のなかで、ズウビー情報大臣は「シリアは今日、モスクや教会が標的となり、イスラーム教徒、キリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ムアッリム外相がオブライアン国連人道問題担当事務次長と会談「人道分野に携わる活動家のなかに、一部諸外国・諸勢力の思惑のもとに支援を行う者がいた」(2015年8月16日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣(兼副首相)は、シリアを訪問中のスティーブン・オブライアン国連人道問題担当事務次長と会談した。 SANA(8月16日付)によると、シリア政府が、一部諸外国の支援を受けたタクフィール主 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線が、米軍の軍事教練を受けた第30師団メンバー7人を釈放(2015年8月16日)

『ハヤート』(8月17日付)などによると、シャームの民のヌスラ戦線は声明を出し、アレッポ県アフリーン市郊外にで拘束した第30師団のメンバー7人を釈放したと発表した。 7人は、米軍による軍事教練を受け、シリア領内に送り込ま … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領の甥のスライマーン・アサド容疑者が「精神病、麻薬中毒症」の治療のため釈放される(2015年8月16日)

「バスナーダー調整」は、フェイスブックの公式ページを通じて、7日にラタキア市内でハッサーン・シャイフ空軍大佐を射殺し、10日に当局に逮捕されたアサド大統領の甥のスライマーン・アサド氏が釈放されたと発表した。 それによると … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム戦線「ダーイシュ(イスラーム国)殲滅に向けてトルコと協力する」(2015年8月16日)

アレッポ県で活動するシャーム戦線は声明(ファトワー)を出し、ダーイシュ(イスラーム国)をイスラーム教徒とはみなさないとする一方、トルコについては「国民も政府もイスラーム教徒の国家」だと絶賛し、ダーイシュ殲滅に向けてトルコ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米、ドイツがトルコ南部に配備していたパトリオット・ミサイルを撤退すると相次いで発表(2015年8月16日)

ドイツのウルズラ・ゲルトルート・フォン・デア・ライエン国防大臣は15日、2013年1月以来トルコ南部に配備されているドイツ軍のパトリオット・ミサイル発射台を2016年1月に撤収する、と発表した。 また、米国務省とトルコ国 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする