日別アーカイブ: 2016年3月15日

米軍主導の有志連合はシリア領内で2回の空爆を実施(2016年3月15日)

米中央軍(CENTCOM)は、3月15日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は2回で、フール町近郊(2回)に対して攻撃が行われた。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュの幹部司令官のシーシャーニー氏が死亡するなか、シリア軍はヒムス県のタドムル市に向けて進軍(2016年3月15日)

シリア人権監視団によると、米軍主導の有志連合の空爆によって重要を追っていたダーイシュ(イスラーム国)の幹部司令官のアブー・ウマル・シーシャーニー氏が搬送先のラッカ市内の医療施設で死亡した。 AP(3月15日付)によると、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

反体制武装集団がハマー県南部の2カ村を制圧(2016年3月15日)

ハマー県では、クッルナー・シュラカー(3月15日付)などによると、県南部のフナイファ村、ジャリーナ村で反体制武装集団がシリア軍と交戦し、両村を制圧した。 ** アレッポ県では、ARA News(3月15日付)によると、西 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア国防省は14日の停戦違反件数を15件と発表(2016年3月15日)

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、3月14日に15件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。 停戦違反のうち6件はダマスカス郊外県、2件は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヌスラ戦線幹部はシリア駐留ロシア空軍の主要部隊撤退を受け、48時間以内に攻撃を行うと主張(2016年3月15日)

シャームの民のヌスラ戦線の前線司令官の一人はAFP(3月15日付)に対し、シリア駐留ロシア空軍の主要部隊撤退を受け、48時間以内に攻撃を行うとの意思を表明した。 この前線司令官は「ロシアの敗北は明白だ。48時間以内にヌス … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

イスラエルのヤアロン国防大臣「連邦制がシリアにおける解決策として妥当」(2016年3月15日)

イスラエルのモシェ・ヤアロン国防大臣は、シリア情勢に関して「連邦制がシリアにおける解決策」として妥当だと述べた。 ヤアロン国防大臣は「現状、すなわちシリアでの現下の分割状況を踏まえると…連邦制が危機の唯一の解決策だ」と述 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はリヤド最高交渉委員会の代表団と会談する一方、国連安保理にシリア情勢の進捗を報告(2016年3月15日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、14日のシリア政府代表団との会合に続いて、リヤド最高交渉委員会の代表団と会談した。 リヤド最高交渉委員会の代表団は会談で、移行期統治機関に関するヴィジョンをまとめた … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国はシリア駐留ロシア空軍撤退への評価に伸張な態度を示す一方、イランはロシア、シリア、ヒズブッラーの協力関係に変化はないと強調(2016年3月15日)

米ホワイト・ハウスは声明を出し、バラク・オバマ米大統領がロシアのヴラジミール・プーチン大統領と電話会談を行い、シリア駐留ロシア空軍の「部分撤退」宣言や敵対行為停止合意の継続・強化策について意見を交わしたと発表した。 電話 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア駐留ロシア空軍の第一陣がロシアに向けて出発、クレムリンは撤退がアサド政権への圧力を意図したものでないと強調(2016年3月15日)

ロシア国防省は、ヴラジミール・プーチン大統領に命令を受け、セルゲイ・ショイグ国防大臣はシリア駐留ロシア空軍の主要部隊の撤退を命令したと発表した。 これを受け、フマイミーム航空基地の技術要員が同地に配備されている航空機のロ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

リヤド最高交渉委員会に参加するシャーム自由人イスラーム運動がヌスラ戦線と新たな軍事組織を結成か?(2016年3月15日)

ダマスカス郊外県東グータ地方で活動するアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ウンマの曉旅団は共同声明を出し、「フスタート軍」の結成、完全統合したと宣言していた。 しかし、シャーム自 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ヌスラ戦線は第13師団メンバー30人を釈放する一方、アレッポ県の「穏健な反体制派」は両者の和解を呼びかける(2016年3月15日)

シャームの民のヌスラ戦線はSNSを通じて、イドリブ県マアッラト・ヌウマーン市で逮捕していた第13師団のメンバー全員を釈放したと発表した。 複数の活動家によると、釈放されたのはアリー・サマーヒー大佐(特殊任務旅団司令官)、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする