日別アーカイブ: 2018年8月19日

ロシア難民受入移送居住センター:18日に難民114人が新たに帰国、7月18日以降に帰国したシリア難民は7,661人に(2018年8月19日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(8月19日付)を公開し、18日に難民114人がシリアに帰国したと発表した。 これにより、7月18日以降に帰国したシリア難民の数は7,661人となった。 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アラビー21:シリア軍は和解に応じた地域の若者5万人を入隊させ、組織を立て直し(2018年8月19日)

アラビー21(8月19日付)は、シリア軍が、この半年で和解に応じた地域の若者5万人あまりを入隊させ、組織の立て直しを行っていると伝えた。 同サイトが複数の地元筋の話として伝えたところによると、新たに徴兵された50万人は、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコのアカル国防大臣はマンビジュ市(アレッポ県)の治安と安定の強化を目的とした米国との合同教練を近く開始すると発表(2018年8月19日)

トルコのフルシ・アカル国防大臣は声明を出し、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)の実効支配下にあり、米軍が駐留するアレッポ県マンビジュ市一帯地域で、同地の処遇にかかる行程表に従い、トルコ米両軍が、治安と安定の強化を … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構がイドリブ県北部で政府との和解を主唱する住民か活動家多数を摘発(2018年8月19日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(8月19日付)によると、シャーム解放機構が県北部のマアッラトミスリーン市、アズマリーン村、サルキーン市で大規模な強制捜査を行い、シリア政府との和解を主唱する住民か活動家多数を摘発し … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アフリーン郡(アレッポ県)に退去した東グータ地方出身の避難民がシリア政府支配地域への帰還を求めて、トルコの支援を受ける武装集団と衝突(2018年8月19日)

アレッポ県では、ANHA(8月19日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン市および同市一帯に退去してきたダマスカス郊外県東グータ地方の避難民が、シリア政府支配地域への帰還を求めて、反体制武装集団と衝突した。 こ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団がアフリーン郡(アレッポ県)で住民・民兵多数を拘束(2018年8月19日)

アレッポ県では、ANHA(8月19日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団がアフリーン郡ジャンディールス村近郊のカフルサフラ村の住民ら多数を拘束、連行した。 拘束された者のなかには、トルコの支援を受けてき … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はスワイダー県に隣接するサファー丘でダーイシュ掃討を続ける(2018年8月19日)

ダマスカス郊外県では、SANA(8月19日付)によると、シリア軍が予備部隊とともにスワイダー県東部の砂漠地帯に隣接するサファー丘でダーイシュ(イスラーム国)の残党の追撃を続けた。 ** スワイダー県では、スワイダー24( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは25件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2018年8月19日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月19日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を25件(ハマー県1件、ラタキア県14件、アレッポ県10件)確認したと発表した。 トルコ側の監視チームも3件(ラタキア県1件 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする