日別アーカイブ: 2018年8月1日

ロシア難民受入移送居住センター:7月31日に難民348人が新たに帰国、7月18日以降に帰国したシリア難民は4,492人に(2018年8月1日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(8月1日付)を公開し、7月31日に難民348人がシリアに帰国したと発表した。 これにより、7月18日以降に帰国したシリア難民の数は4,492人となった … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア合同調整センターはシリア難民・避難民帰還に向けた活動の進捗を発表(2018年8月1日)

ロシア国防省は、国外難民と国内避難民の帰還を支援するための外務省との合同調整センターの会合がモスクワで開催されたと発表した。 会合はミハエル・ミズィンツェヴ(Mikhail Mizintsev)上級大将(国家防衛管理セン … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハンムード運輸大臣「シリア政府はナスィーブ国境通行所再開を検討している」(2018年8月1日)

アリー・ハンムード運輸大臣は、ロイター(8月1日付)に対して、「ヨルダンとの国境に至る街道は利用の準備ができている。シリア政府は(ナスィーブ)国境通行所の再開と利用を検討している」と述べた。 ハンムード運輸大臣はまた、「 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県で活動する国民解放戦線にアル=カーイダ系組織や旧「穏健な反体制派」が新たに加入(2018年8月1日)

イドリブ県で活動する国民解放戦線は声明を出し、アル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動とバラク・オバマ米政権の支援を受けていた「穏健な反体制派」のヌールッディーン・ザンキー運動からなるシリア解放戦線、シャームの鷹旅 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ダーイシュがスワイダー県、ダマスカス郊外県でシリア軍を攻撃(2018年8月1日)

スワイダー県では、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(8月1日付)によると、ダーイシュがハルハラ航空基地を攻撃した。 ** ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(8月1日付)によると、ドゥマイル市南部 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

統一地方選挙の立候補者申請の受付期間が約半日延長(2018年8月1日)

最高司法選挙委員会(選挙管理委員会)は声明を出し、9月16日に投票が予定されている統一地方選挙の立候補者申請の受付期間を8月1日の午後12時にまで延長すると発表した。 受付期間は8月1日の午後で終了する予定だったが、申請 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アサド大統領「我々が勝利する日は近い」(2018年8月1日)

シリア軍武装部隊総司令官(大将)を兼務するアサド大統領は、軍創設73周年記念日(8月1日)に合わせて、軍機関誌『人民軍』を通じて祝辞を発表した。 祝辞のなかで、アサド大統領は「諸君らの犠牲と勇敢さのおかげで、我々は今日、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍との非公式合意に基づき、ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の戦闘員400人あまりがスワイダー県の砂漠地帯に退去(2018年8月1日)

スワイダー24(8月1日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍とシリア軍が非公式に停戦合意を交わしたと伝え、内容の詳細を明らかにした。 それによると、ハーリド・ブン・ワリード軍の戦闘員4 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍はダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の最後の拠点クサイル村を制圧、ヤルムーク川河畔地域でイスラエル製の無人航空機、米国製武器を発見(2018年8月1日)

ダルアー県では、ANHA(8月1日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の残党がクサイル村でシリア軍と激しく交戦、ロシア・シリア両軍が同地を爆撃した。 同地にはハーリド・ブン・ワリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコの実質占領下にあるアレッポ県アフリーン郡村でシャーム軍団が住民に発砲(2018年8月1日)

アレッポ県では、ANHA(8月1日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン郡のジャンディールス村で、シャーム軍団が住民に発砲、1人が負傷した。 AFP, August 1, 2018、ANHA, August 1 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシアのラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使「イランの重火器部隊はイスラエルとシリアの停戦ラインから85キロ以内の地帯にはいない(2018年8月1日)

ロシアのアレクサンデル・ラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使は、シリア国内で活動を続けるイランの部隊に関して「イラン人とシーア派部隊はそこ(シリア)にはいない…。イラン人顧問はシリア部隊とともにイスラエルとの国境近く … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする