日別アーカイブ: 2019年4月17日

北・東シリア自治局管理下の避難民キャンプの現況:帰還を妨げる最大の理由は、帰還先が戦闘によって破壊されていること(2019年4月17日)

クルド民族主義組織の民主統一党(PYD)に近いANHA(4月17日付)は、同党が主導する北・東シリア自治局が管理するラッカ県アイン・イーサー市近郊の避難民キャンプ(アイン・イーサー・キャンプ)の現況について報じた。 アイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 難民・IDP | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県北部で活動する国民軍は深刻な燃料不足に直面するシリア政府支配地域への燃料移送を取りやめる(2019年4月17日)

トルコ占領下のアレッポ県北部(いわゆる「オリーブの枝」地域と「ユーフラテスの盾」地域)で活動する国民軍は声明を出し、シリア政府支配地域での深刻な燃料不足に対処するために計画していた燃料移送を取りやめたと発表した。 国民軍 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

YPGの英国人戦闘員がテロ容疑で審理を受ける(2019年4月17日)

『インディペンデント』(4月17日付)は、人民防衛隊(YPG)に従軍する英国人義勇兵のエイダン・ジェームズ氏が英国でテロ容疑で審理の対象になっていると伝えた。 YPGは、英国においてはテロ組織に指定されておらず、またシリ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

イランのザリーフ外務大臣はシリアからトルコに空路で移動(2019年4月17日)

イランのモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣は、シリアへの公式訪問を終え、イラン外交使節団とともにトルコに空路で直接移動した。 首都アンカラに到着したザリーフ外務大臣は、シリア情勢への対応、北アフリカ情勢、そして両国 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局支配下のマンビジュ市、タブカ市で爆発が発生(2019年4月17日)

アレッポ県では、ANHA(4月17日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるマンビジュ市内のシャイフ・ヤフヤー通りに仕掛けられていた爆弾が爆発した。 死傷者はなかった。 一方、オリーブの怒り作戦司令室が声明を出し、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

クナイトラ県バアス市で独立記念日を祝う集会が催され、バアス党、政府、議会などの幹部と住民が参加(2019年4月17日)

クナイトラ県では、クナイトラ県バアス市で、アサド大統領主催のもと、独立記念日(4月17日)を祝う記念集会が催され、バアス党シリア地域指導部のハラール・ハラール副書記長、バッサーム・イブラーヒーム教育大臣、ハマーム・ディブ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

反体制武装集団がハマー県の民家を砲撃(2019年4月17日)

ハマー県では、SANA(4月17日付)によると、カルアト・マディーク町で活動を続ける反体制武装集団がシリア政府支配下のスカイラビーヤ市を砲撃し、民家複数棟が被害を受けた。 ** ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから345人、ヨルダンから781人、ルクバーン・キャンプの難民703人を含む避難民761人が帰宅(2019年4月17日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(4月17日付)を公開し、4月16日に難民1,126人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは345人(うち女性103人、子供17 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする