日別アーカイブ: 2015年7月21日

デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表がシリア軍によるザバダーニー市空爆の停止を求める(2015年7月21日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表は声明を出し、シリア軍によるザバダーニー市への空爆に関して、「樽爆弾など原始的・部差別兵器」の使用を停止するよう求めた。 ARA News(7月22日付) … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シャーム自由人イスラーム運動など13の反体制武装集団が自由シリア軍最高軍事評議会の改編(通称「30人評議会」)を拒否(2015年7月21日)

シリア国内で活動する13の反体制武装集団が共同声明を出し、19日にトルコのハタイ県レイハンル市で再編された自由シリア軍最高軍事評議会、通称「30人評議会」に関して、「さらなる分裂と内部対立をもたらし、革命の敵以外の何者に … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米国防総省はシリアのイドリブ県に対する空爆で謎のアル=カーイダ系組織「ホラサーン」の指導者ムフスィン・ファドリー氏を殺害したと発表(2015年7月21日)

米国防総省のジェフ・デービス報道官は、今月8日にシリアのイドリブ県サルマダー市付近を車で移動中だったホラサーンの指導者ムフスィン・ファドリー氏を空爆によって殺害したと発表した。 デービス報道官によると、ホラサーンは米国と … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

スペイン人記者がシリアで1週間前から消息不明に(2015年7月21日)

ARA News(7月21日付)は、スペイン記者連合が声明を出し、シリアのアレッポ県で取材中のスペイン人記者3人(Jose Manuel Lopez氏、Antonio Pampliega氏、Angel Sastre氏)が … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアレッポ市マガーイル地区を地対地ミサイルなどで「無差別攻撃」し、18人が死亡(2015年7月21日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市マガーイル地区を地対地ミサイルで攻撃し、18人が死亡したほか、カラム・トゥッラーブ地区、バーブ街道橋一帯を「樽爆弾」などで攻撃した。 これに対して、ジハード主 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヌスラ戦線など反対武装集団がイドリブ県、アレッポ県のシーア派の町(シリア政府支配下)に450発以上の迫撃砲弾などで「無差別攻撃」(2015年7月21日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がマアッラトミスリーン市、ビンニシュ市各所を空爆、これに対してファトフ軍もカファルヤー町、フーア市への砲撃を続けた。 ファトフ軍は、シャームの民のヌスラ戦線が中心となって … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)主要拠点の一つマンビジュ市(アレッポ県)の野戦病院を空爆し、27人が死亡(2015年7月21日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)主要拠点の一つマンビジュ市を空爆し、子供6人、女性1人を含む21人が死亡した。 しかし、これに関して、クッルナー・シュラカー(7月21日付)は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする