日別アーカイブ: 2017年4月24日

ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官が死亡(2017年4月24日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(4月25日付)によると、ヤルムーク川流域での反体制武装集団との戦闘で、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官の一人アブー・ムハンマド・ティラーウィ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラエル前国防大臣「ダーイシュは過去に1度だけイスラエルに「誤射」、即座に「謝罪」してきた」(2017年4月24日)

モシェ・ヤアロン前国防大臣は、ダーイシュ(イスラーム国)が過去に一度だけイスラエル占領下のゴラン高原を誤って砲撃、イスラエル側に謝罪したことがあると暴露した。 イスラエルのチャンネル10(4月24日付)が伝えた。 ヤアロ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米財務省は化学兵器開発に関与したとしてシリア科学調査研究センター職員271人に制裁発動(2017年4月24日)

米財務省は、化学兵器開発に関与したとして、シリア科学調査研究センターの職員271人を資産凍結、入国規制などの制裁対象に追加登録したと発表した。 ARA News(4月24日付)が伝えた。 AFP, April 24, 2 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はタブカ市内のダーイシュの複数拠点を制圧(2017年4月24日)

ラッカ県では、クッルナー・シュラカー(4月24日付)は、「ユーフラテスの怒り」作戦第4段階を続行する西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍は、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、タブカ市内南西部( … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

「ハマード浄化のため我々は馬具を備えし」作戦司令室がヒムス県マハッサ山一帯でダーイシュと交戦(2017年4月24日)

ヒムス県では、SNN(4月24日付)によると、「ハマード浄化のため我々は馬具を備えし」作戦司令室が、県南東部の砂漠地帯マハッサー山一帯のダーイシュ(イスラーム国)拠点に対して激しい攻撃を加えた。 AFP, April 2 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍とダーイシュはヒムス県東部で戦闘を続ける(2017年4月24日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がタドムル市郊外のアブタル山一帯、穀物サイロ地区一帯のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。 AFP, April 24, 2017、AP, April 24, 201 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヨルダン、トルコ・イスタンブールのシリア大使館がビザ更新手続きを停止(2017年4月24日)

クッルナー・シュラカー(4月24日付)によると、ヨルダンの首都アンマンにあるシリア大使館領事部とトルコのイスタンブールにあるシリア領事館は、4月24日付で在留シリア人に対するビザ更新事務を停止したと伝えた。   AFP, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍は化学兵器攻撃疑惑事件が起こったハーン・シャイフーン市(イドリブ県)の野菜市場を燃料気化爆弾(2017年4月24日)

ハマー県では、SANA(4月24日付)によると、シリア軍が予備部隊とともにハマー県北部でのシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団に対する掃討作戦を続行し、マサースィナ村、ズール・ヒーサ村、ズール・タイバ村を制圧し、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス市ワアル地区から6度目となる反体制武装集団戦闘員および家族の退去が実施される(2017年4月24日)

ヒムス県では、SANA(4月24日付)によると、ロシアの仲介によるシリア軍と反体制武装集団の停戦合意に基づき、ヒムス市ワアル地区から6度目となる戦闘員および家族の退去が実施された。 シリア軍への投降を拒否する戦闘員260 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

米主導の有志連合は4月21日~4月23日の3日間でラッカ県、ダイル・ザウル県各所を空爆(2017年4月24日)

米中央軍(CENTCOM)は、4月21日~4月23日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 4月21日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して45回の空爆を実施、このうちシリア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする