日別アーカイブ: 2017年5月17日

マティス米国防長官がトルコのイシク国防大臣と会談し、トルコのPKKとの戦いを支援することを改めて確認(2017年5月17日)

ジェームズ・マティス米国防長官は米国を訪問したトルコのフィクリ・イシク国防大臣とワシントンDCで会談し、シリア情勢の対応などについて意見を交わした。 会談後に国防総省のダナ・ホワイト報道官は、クルディスタン労働者党(PK … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ国境警備隊がハサカ県で農夫を射殺(2017年5月17日)

ハサカ県では、ARA News(5月17日付)によると、ラアス・アイン市近郊のダフマー村で農作業をしていた男性が、トルコ国境警備隊の発砲を受け、死亡した。 AFP, May 17, 2017、AP, May 17, 20 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍の負傷者数は過去2ヶ月で約150人に、そのほとんどはイスラーム教徒兵士(2017年5月17日)

AKI(5月17日付)は、ハマー県内のシリア政府支配地域(スカイラビーヤ市、ミスヤーフ市)にある病院にこの2ヶ月で負傷したロシア軍兵士約150人が搬送されたと伝えた。 搬送されたロシア軍兵士のほとんどがロシア南西部の自治 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのガティロフ外務次官は新憲法審議に前向きなデミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表を高く評価(2017年5月17日)

ジュネーブ6会議に参加しているロシアのゲンナージー・ガティロフ外務次官は、「スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表のイニシアチブは正しい方向へのステップだと見ている。新憲法にかかわる問題は我々が、政治プロセ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア両軍はダルアー市でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と激しく交戦(2017年5月17日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(5月17日付)によると、シリア軍が、ダルアー市マンシヤ地区一帯で攻撃を再開し、シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団(堅固な建造物作戦司令室)と交戦する一方、ロシア軍戦闘機が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米主導の有志連合がシリア領内で空挺作戦を実施し、ダーイシュのメンバー多数を拘束(2017年5月17日)

ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(5月17日付)によると、米主導の有志連合が未明に、イラク国境に位置するブーカマール市近郊で空挺作戦を行い、ダーイシュ(イスラーム国)のメンバー多数を拘束した。 同サイトによると … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はダイル・ザウル市一帯でダーイシュと交戦(2017年5月17日)

ダイル・ザウル県では、SANA(5月17日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南部の墓地地区、ムワッザフィーン地区でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、戦闘員28人を殲滅、30人を負傷させた。 シリア軍はまた、サルダ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アサド大統領はアラブ民族大会とパレスチナの正義のためのアラブ国際フォーラムの出席者と懇談(2017年5月17日)

アサド大統領は、ダマスカスでのアラブ民族大会とパレスチナの正義のためのアラブ国際フォーラムに出席するためにシリアに滞在中のアラブ各国からの代表団と会談した。 SANA(5月17日付)が伝えた。 AFP, May 17, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年5月17日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月17日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダマ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は5月16日、ラッカ県、イラク国境地帯で18回の空爆を実施(2017年5月17日)

米中央軍(CENTCOM)は、5月16日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする