日別アーカイブ: 2017年5月1日

ロジャヴァの拠点都市アフリーン市郊外のロシア軍駐屯地にシリア国旗が掲揚される(2017年5月1日)

アレッポ県では、クルディスタン人権民主センターが発表したところによると、西クルディスタン移行期民政局の拠点都市アフリーン市郊外のカフルジャンナ村にあるロシア軍駐屯地内の建物の屋上にシリア国旗が掲揚された。 国旗が掲揚され … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

アスタナ会議に参加するシリア北部の反体制武装集団12組織は東グータ地方での反体制派の内紛でシャーム解放委員会を「ヌスラの衣服を纏ったダーイシュ」と批判、イスラーム軍との共闘を宣言(2017年5月1日)

シリアの北部(イドリブ県、アレッポ県)で活動する「穏健な反体制派」(自由シリア軍)12組織は共同声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方でアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会やラフマーン軍団への攻撃を激化させているイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アスタナ会議を拒否するシャーム自由人イスラーム運動は、東グータ地方での反体制派の内紛でアル=カーイダ系のシャーム解放委員会側を擁護、イスラーム軍に戦闘停止を求める(2017年5月1日)

シャーム自由人イスラーム運動は、ダマスカス郊外県東グータ地方でのイスラーム軍とシャーム解放委員会・ラフマーン軍団との戦闘に関して声明を出し、「イスラーム軍が諸派の同胞たちに対する攻撃を始め、グータを犯罪者体制の手に落ちる … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ダマスカス郊外県東グータ地方で反体制派のシャーム解放委員会・ラフマーン軍団とイスラーム軍の内紛続く(2017年5月1日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放委員会、ラフマーン軍団がハッザ町一帯、アフタリース村、アシュアリー農場でイスラーム軍との戦闘を続けた。 戦闘はアルバイン市にも及び、イスラーム軍はシャーム解放委 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

カザフスタンで和平協議出席のためシリア政府代表団がアスタナ入り(2017年5月1日)

バッシャール・ジャアファリー国連シリア大使を団長とするシリア政府代表団は、3~4日の日程でカザフスタンで開催されるシリア政府と反体制武装集団の和平協議(アスタナ会議)に出席するため、アスタナ入りした。 SANA(5月1日 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

YPG主導のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末、タブカ市旧市街を制圧(2017年5月1日)

ラッカ県では、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍が声明を出し、タブカ市でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続け、市内旧市街のブー・イーサー地区、サラーム地区、ハッスー地区の3地区と工業地区を制圧 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はダイル・ザウル市一帯でダーイシュとの戦闘を続ける(2017年5月1日)

ダイル・ザウル県では、SANA(5月1日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市航空基地東部一帯、墓地地区、サルダ山一帯、ワーディー・サルダ、サルダ交差点一帯、ダイル・ザウル市ウルフィー地区などでダーイシュ(イスラーム国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県でシリア軍が武器弾薬庫をミサイル攻撃し、施設内で暮らしていた民間人16人が死亡(2017年5月1日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(5月1日付)やホワイト・ヘルメットによると、ウワイジル村内の武器弾薬庫をシリア軍が地対地ミサイルで攻撃、施設が倒壊し、施設内に暮らしていた民間人16人が死亡した。 ** ダマスカス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米主導の有志連合は4月30日、タブカ市などで20回の空爆を実施(2017年5月1日)

米中央軍(CENTCOM)は、4月30日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする