月別アーカイブ: 2018年4月

トルコのチャヴシュオール外務大臣とポンペオ米国務長官が会談し、マンビジュ市の処遇をめぐって協力と連絡維持の意義を強調(2018年4月27日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ベルギーのブリュッセルでマイク・ポンペオ米国務長官と会談し、シリア情勢への対応について協議し、「地域における米国とトルコの協力と両国間の連絡の維持が重要」だという点で一致し … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ドイツ外務省「シリア政府は移民・難民の財産を没収するための法律を制定しようとしている」(2018年4月27日)

ドイツ外務省は、シリア政府が移民・難民の財産を没収するための法律を制定し、彼らの帰国を困難なものにしようとしていると指摘し、不快感と懸念の意を示すとともに、EU加盟国と対応を協議すると表明した。 ドイツ紙『ズードドイチェ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

OPCW英国代表「ロシアとシリアが開いたドゥーマー市住民の記者会見はプロパガンダ! OPCWは劇場ではない」(2018年4月27日)

化学兵器禁止機関(OPCW)の英国代表を務めるピーター・ウィルソン在オランダ大使は、ロシアとシリアがオランダのハーグにあるOPCW本部で行った共同記者会見について、「プロパガンダ以外の何ものでもない」、「OPCWは劇場で … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団がアフリーン市近郊で青年1人を殺害(2018年4月27日)

アレッポ県では、ANHA(4月27日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける「傭兵」(反体制武装集団)が、ムーバーター村郊外のスィーマルカー村出身の青年を拘束の末、殺害した。 この青年は26日にパンを買うために自宅を出た … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はダーイシュ、シャーム解放機構が活動を続けるハジャル・アスワド市、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ一帯で攻勢を続ける(2018年4月27日)

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(4月27日付)によると、シリア軍がハジャル・アスワド市、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ジャウラ地区、アサーリー地区にあるダーイシュ(イスラーム国)、シャーム解放機構の拠 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは2件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2018年4月27日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(4月27日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を2件(アレッポ県1件、ラタキア県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4件(イドリブ県1件、ダルアー県2件 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は4月20日~4月26日までの7日間でシリア領内で21回の爆撃を実施(2018年4月27日)

米中央軍(CENTCOM)は、4月20日~4月26日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 4月20日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し3回の空爆を実施、このうちシリア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

マティス米国防長官「フランスは特殊部隊をシリアに派遣」(2018年4月26日)

ジェームズ・マティス米国防長官は、米上院軍事委員会で、フランスがシリア東部に展開する米軍を支援するため、特殊部隊を2週間前にシリアに派遣したと証言した。 フランス24(4月27日付)が伝えた。 AFP, April 27 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍総司令官は、有志連合の枠内でのアラブ諸国の派兵を支援すると述べる(2018年4月26日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のマズルーム・アブディー総司令官は、ドナルド・トランプ米大統領が米軍撤退と合わせて、アラブ諸国に対してシリアに部隊を展開するよう求めているこ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

マティス米国防長官「近くユーフラテス川東部で作戦を強化する(2018年4月26日)

ジェームズ・マティス米国防長官は、米上院軍事委員会で、「近くユーフラテス川東部で作戦を強化する」と述べた。 マティス国防長官は「我々はダーイシュ(イスラーム国)に対する戦いを続け、域内諸国からのさらなる支援を動員し、それ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表「アスタナ会議に参加しているのは3カ国だけで、シリアに緊張をもたらした」(2018年4月26日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はBBC(4月26日付)に対し、ロシア、トルコ、イランを保証国とするアスタナ会議がシリア情勢を悪化させていると批判した。 デミストゥラ氏は「アスタナ会議は優れたイニシア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でシャーム解放機構、トルキスタン人らを狙った暗殺が相次ぐ(2018年4月26日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(4月26日付)によると、マアッラト・ヌウマーン市北部で、シャーム解放機構の司令官の1人アブー・ワルド氏が乗っていた車が何者かの襲撃を受け、同氏が死亡した。 またアフラール軍のメンバ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府は、バイト・サフム市、ヤルダー市、ビビーラー市の反体制武装集団に対し、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市でのダーイシュ、シャーム解放機構との戦いへの協力を迫る(2018年4月26日)

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(4月26日付)によると、シリア軍がヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市にあるダーイシュ(イスラーム国)、シャーム解放機構の拠点に対する爆撃・砲撃を継続した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア外務省のザハロワ報道官「7日のドゥーマー市での塩素ガス使用疑惑事件の犠牲者、負傷者が1人も見つかっていない」(2018年4月26日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、定例の記者会見で、7日にダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市で発生した塩素ガス使用疑惑事件に関して、「犠牲者、負傷者が1人も見つかっていない」としたうえで、化学兵器禁止機関(O … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ドゥーマー市の住民、医師ら17人がOPCWで7日の塩素ガス使用疑惑事件が「フェイク」だったと証言(2018年4月26日)

シリアのガッサーン・ウバイド化学兵器禁止機関(OPCW)副代表とロシアのアレクサンデル・シュルギンOPCW代表は、オランダのハーグにあるOPCW本部で共同記者会見を開き、7日にダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市で発 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2018年4月26日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(4月26日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を3件(アレッポ県1件、ラタキア県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4件(イドリブ県1件、ハマー県2件、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリアとイラクでの爆撃で「意図せず死亡したとされる民間人」は2018年3月末の段階で2,135人、うち死亡が確認されたのは883人と発表(2018年4月26日)

有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2018年3月にシリア、イラク両国領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる1件の新たな報告を受け、すでに報告されている524件と併せて調査を行い、49件 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

カタールのムハンマド外務大臣は「我々は緊急人道支援を送り、政治的解決に向けて活動する」と述べ、シリアは兵に消極姿勢を示す(2018年4月25日)

カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー外務大臣は、ドナルド・トランプ米大統領が米軍撤退と合わせて、アラブ諸国に対してシリアに部隊を展開するよう求めていることに関して、ツイッターのアカウント(h … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

サウジアラビアのジュバイル外務大臣はカタールに対し米軍のシリア駐留の費用を負担し、シリアに派兵するよう要請(2018年4月25日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、ドナルド・トランプ米大統領が米軍撤退と合わせて、アラブ諸国に対してシリアに部隊を展開するよう求めていることに関して「カタールは、米が基地配備などを通じて行っているカタール … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

OPCWの専門家チームはドゥーマー市で新たなサンプルを採取(2018年4月25日)

インターファクス通信(4月25日付)は、化学兵器禁止機関(OPCW)の専門家チームが、7日に塩素ガス使用疑惑事件が発生したダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市に入り、新たなサンプルを採取した。 専門家チームが現場入り … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする