日別アーカイブ: 2019年1月10日

ポンペオ米国務長官「米国は同盟国とともに、イランを完全に排除するため外交を行い、シリア国民に平和と安定をもたらす」(2019年1月10日)

マイク・ポンペオ米国務長官はエジプトのカイロ・アメリカン大学で記念講演を行い、そのなかでシリアからイランの影響力を排除するため、同盟国とともに外交活動を続けると主張、中東諸国に対して対イラン政策で歩調を合わせるよう呼びか … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ルクバーン・キャンプ総務政治関係委員会はシリア政府支配地域への帰還を拒否、トルコ占領下のシリア北部へのキャンプ移転を要求(2019年1月10日)

ヒムス県南東部のタンフ国境通行所に近いヨルダン北東部のルクバーン・キャンプの総務政治関係委員会を名のるグループがビデオ声明を出し、「アサド政権支配下の地域への帰国を拒否する」と表明した。 また、このグループは声明で「我々 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコのチャヴシュオール外務大臣「米軍撤退と関係なくシリア北部で軍事作戦を行う」(2019年1月10日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ユーフラテス川以東地域でのPKK(クルディスタン労働者党)/YPG(人民防衛隊)に対する我々の軍事作戦は米軍撤退とは関係ない」と述べた。 また「米国の治安当局は、シリアから … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

フランスのル・ドリアン外務大臣「シリアに政治的解決がもたらされない限り、フランス軍をシリアから撤退させない」(2019年1月10日)

フランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外務大臣はCNews(1月10日付)で、シリアに政治的解決がもたらされない限り、同国に駐留させている部隊を撤退させることはない、と述べた。 ル・ドリアン外務大臣は「我々の軍の駐留は基本 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アフリーン解放軍団はトルコ占領下のアフリーン郡でトルコ軍兵士ら5人を殺害(2019年1月10日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団広報センターが、9日にシーラーワー村近郊のクーバラ村でトルコ軍部隊を攻撃し、装甲車1輌を破壊、トルコ軍兵士1人を殺害したと発表した。 アフリーン解放軍団はまた同日、アアザーズ市近郊のカル … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構に所属するウズベク人武装集団はイドリブ県での少年誘拐事件へのウズベク人の関与を否定(2019年1月10日)

シャーム解放機構に所属するウズベク人武装集団のタウヒード・ワ・ジハード大隊は声明を出し、ウズベク人2人がイドリブ県クーリーン村で15歳の少年を誘拐し、7万ドルの身代金を要求しているとする住民の主張について、ウズベク人は事 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ自由警察はシャーム解放機構によるイドリブ県全域掌握を受けて活動停止を宣言(2019年1月10日)

イドリブ自由警察は、シャーム解放機構が国民解放戦線との戦闘の末にイドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)全域を掌握し、同地での戦闘が収束したことを受けて声明を出し、すべてのセンターでの活動を中止し … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍はハマー県でイッザ軍などと交戦(2019年1月10日)

ハマー県では、SANA(1月10日付)によると、サフル丘一帯からシリア政府支配地域に潜入しようとした反体制武装集団をシリア軍が撃退した。 シリア軍はまた、ラターミナ町にあるイッザ大隊(イッザ軍)の拠点を破壊した。 ** … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でのシャーム解放機構と国民解放戦線の戦闘が収束、シャーム解放機構が同地全域の軍事・治安を掌握(2019年1月10日)

ドゥラル・シャーミーヤ(1月10日付)は、1月1日から反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)内のアレッポ県西部、南西部、ハマー県北部、北西部、イドリブ県南部、南東部で続いていたシリアのアル=カーイダであるシャーム解放 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから144人、ヨルダンから612人の難民が帰国、避難民214人が帰宅(2019年1月10日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月10日付)を公開し、1月9日に難民701人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは144人(うち女性27人、子供45人)、ヨ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする