エジプトのスエズ運河庁長官はシリアへのイラン産石油の移送を阻止しないと述べる(2019年7月10日)

エジプトのスエズ運河庁のムハーブ・マミーシュ長官(大将)は報道声明を出し、同庁が運河の国際航法が定める自由を遵守し、一部の例外的状況を除いて船舶の運航を認めていると述べ、イラン産の石油を積みシリアに向かうウクライナ籍船の通行を阻止したとの情報を否定した。
マミー主長官は、「いかなる船舶であれ、その通行を阻止することはできない。石油取引は合法的であり、武器取引も然りだ」と述べたうえで、通行阻止は「国連からの通達があった場合と法令に違反した貨物を積んでいる場合に限られる」と付言した。

サダー・バラド(7月10日付)が伝えた。

AFP, July 10, 2019、ANHA, July 10, 2019、AP, July 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 10, 2019、Reuters, July 10, 2019、Sada al-Balad, July 10, 2019、SANA, July 10, 2019、SOHR, July 10, 2019、UPI, July 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク