『ウォールストリート・ジャーナル』:トルコ軍が侵攻したらトランプ大統領は米軍をシリア北東部から撤退させる(2019年10月5日)

米国防総省のショーン・ロバートソン報道官は、「米国はシリア北部での安全保障の仕組みをうまく機能させることに集中している…。なぜならそれが前進するためにもっとも良い道だからだ」としたうええで「トルコが(米国と連携せずに)軍事作戦を行うことは大きな懸念のもととなる。なぜなら、それはシリア北東部における我が国との共通の利益を損ねるからだ」述べた。
フッラ・チャンネル(10月5日付)が伝えた。

**

『ウォールストリート・ジャーナル』(10月5日付)は、米政府の複数の高官の話として、ドナルド・トランプ米大統領がトルコによるシリア北東部への軍事侵攻への懸念を強めているとしつつ、トルコが実際に侵攻したら、大統領は衝突を避けるために駐留米軍を撤退させるだろうと伝えた。

AFP, October 5, 2019、ANHA, October 5, 2019、AP, October 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 5, 2019、Alhurra, October 5, 2019、Reuters, October 5, 2019、SANA, October 5, 2019、SOHR, October 5, 2019、UPI, October 5, 2019、The Wall Street Journal, October 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク