シリア軍の砲撃によりイドリブ県で女児1人が死亡(2019年10月6日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍地上部隊がビダーマー町、ナージヤ村、ガッサーニーヤ村、ズアイニーヤ村、ジャーヌーディーヤ町、アブヤド川流域一帯、カフルナブル市、バクサルヤー村、カフル・ウワイド村一帯、シャイム・ムスタファー村、カフルサジュナ村、マアッラト・ハルマ村、ハーッス村を砲撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(10月6日付)によると、ズアイニーヤ村へのシリア軍の砲撃では、通学途中の女児1人が死亡、住民多数が負傷したという。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、県北西部のカッラ・ジャルン村、シャリカ村(イドリブ県)一帯でシリア軍地上部隊と反体制武装集団が交戦し、反体制武装集団はシャリーア村の空港で戦車を破壊した。

これに対して、シリア軍はザクーム村、ダクマーク村、ザイズーン村を砲撃した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍地上部隊がカッバーナ村一帯を砲撃した。

AFP, October 6, 2019、ANHA, October 6, 2019、AP, October 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 6, 2019、Reuters, October 6, 2019、SANA, October 6, 2019、SOHR, October 6, 2019、UPI, October 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク