ロシアのラヴロフ外務大臣「シリア政府とシリア民主軍の対話を実現しなければならない」(2019年10月10日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、トルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)に関して、トルコの安全保障上の懸念を理解しているとする一方、シリア政府と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の対話を実現しなければならないと改めて強調した。

ドゥラル・シャーミーヤ(10月10日付)が伝えた。

AFP, October 10, 2019、ANHA, October 10, 2019、AP, October 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 10, 2019、Reuters, October 10, 2019、SANA, October 10, 2019、SOHR, October 10, 2019、UPI, October 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク