WHOはアル=カーイダが軍事・治安権限を握るイドリブ県で新型コロナウィルス感染にかかる検査を開始すると発表(2020年3月24日)

世界保健機関(WHO)のヘディン・ハルドルソン報道官は、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県の反体制派支配地域で新型コロナウィルス感染を確認するための検査を数日中に開始すると発表した。

ハルドルソン報道官は「イドリブ県で2日間で300件の臨床検査を行い、これをもとに、近く対応を開始する」としたうえで「臨床検査は水曜日にイドリブ市で行われ、特別に準備されたラボで分析が行われる」ことを明らかにした。

ハルドルソン報道官はまた「追加で2,000件の臨床検査を行えるよう活動している。また、今週中に医療用手袋1万双、医療用マスク1万個を含む必要な備品を送るつもりだ」と付言した。

そのうえで「国内避難民(IDPs)は呼吸器系の感染症にかかりやすい状況下で生活している」と指摘し、新型コロナウィルス感染拡大に警鐘をならした。

**

一方、アナトリア通信(3月25日付)によると、貨物車輌106輌からなる国連の人道支援チームがバーブ・ハワー国境通行所からシリア領内に入った。

AFP, March 24, 2020、Anadolu Ajansı, March 24, 2020、ANHA, March 24, 2020、AP, March 24, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 24, 2020、Reuters, March 24, 2020、SANA, March 24, 2020、SOHR, March 24, 2020、UPI, March 24, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク