トルコ軍は前日の橋爆破事件を受けてイドリブ県クファイル村に新たな拠点を設置(2020年3月26日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから21日目となる3月26日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を2件(イドリブ県1件、ラタキア県0件、アレッポ県1件、ハマー県0件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかった。

**

シリア人権監視団によると、トルコ軍はM4高速道路沿線のジスル・シュグール市の西に位置するクファイル村に新たな拠点を設置した。

ドゥラル・シャーミーヤ(3月26日付)が複数の現地筋の話として伝えたところによると、拠点設置は25日に「正体不明の武装集団」が同村の橋を爆破したことを受けた動き。

これにより、シリア領内のトルコ軍監視所・拠点は53カ所となった。

トルコ軍の監視所・拠点が設置されている場所は以下の通り

監視所

イドリブ県:サルワ村、タッル・トゥーカーン村、サルマーン村、ジスル・シュグール市(イシュタブリク村)
アレッポ県:登塔者聖シメオン教会跡、シャイフ・アキール山、アナダーン山、アレッポ市ラーシディーン地区(南)、アイス村(アイス丘)
ハマー県:ムーリク市、シール・マガール村
ラタキア県:ザイトゥーナ村

拠点

イドリブ県:マアッル・ハッタート村、サラーキブ市(3カ所)、タルナバ村、ナイラブ村、クマイナース村、サルミーン市、タフタナーズ航空基地、マアーッラト・ナアサーン村、マアッラトミスリーン市、マストゥーマ軍事キャンプ、タルマーニーン村、バルダクリー村、ナフラヤー村、ムウタリム村、ブサンクール村(2カ所)、ナビー・アイユーブ丘、バザーブール村、ラーム・ハムダーン村、アブザムー町、ムシャイリファ村、タッル・ハッターブ村、ビダーマー町、ナージヤ村、ズアイニーヤ村、ガッサーニーヤ村、クファイル村
アレッポ県:アナダーン市、アレッポ市ラーシディーン地区、ジーナ村(2カ所)、カフル・カルミーン村、タワーマ村、第111中隊基地、アターリブ市、ダーラ・イッザ市、カフル・ヌーラーン村、バータブー村
ハマー県:ムガイル村

なおこのほかにも、トルコ軍はM4高速道路沿線に監視ポスト14カ所を設置している。

トルコ軍はまた、戦車、装甲車など35輌からなる車列をカフル・ルースィーン村に違法に設置されている国境通行所からシリア領内に新たに進入させた。

一方、シリア軍は、「決戦」作戦司令室の支配下にあるスフーフン村、カンスフラ村を砲撃した。

「決戦」作戦司令室は、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構とトルコの庇護を受ける国民解放戦線(シリア国民軍)などからなる武装連合体。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるカフル・アンマ村を砲撃した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍兵士2人がスフナ市近郊でダーイシュ(イスラーム国)残党と思われる武装集団の襲撃を受けて、死亡した。

**

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月26日付)によると、バイト・イラ村でシリア政府との和解に応じたシャーム自由人イスラーム運動の元メンバーのサーミル・マサード氏が何者かに撃たれて死亡した。

また、ダルアー市、タファス市でも2人が何者かに撃たれて死亡した。

**

スワイダー県では、シリア人権監視団によると、サルハド市に近郊のアイン村に至る街道で、地元住民(ドゥルーズ派宗徒)からなる反体制武装集団のシャイフ・カラーマ軍団と街道に設置されている検問所に駐留するシリア軍部隊が交戦し、シャイフ・カラーマ軍団のメンバー4人が死亡した。

AFP, March 26, 2020、ANHA, March 26, 2020、AP, March 26, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 26, 2020、Ministry of Defence of the Russian Federation, March 26, 2020、Reuters, March 26, 2020、SANA, March 26, 2020、SOHR, March 26, 2020、UPI, March 26, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.