米占領下のタンフ国境通行所から潜入した革命特殊任務軍メンバー2人を当局が逮捕(2020年7月29日)

ヒムス県では、SANA(7月29日付)によると、関係当局が米主導の有志連合の占領下にあるタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)からカルヤタイン市に潜入しようとしたオートバイに乗った2人組を逮捕、所持していた武器、装備を押収した。

逮捕されたのは、ムハンマド・ドゥフール氏とアブドゥッラー・フーヤーン・シャーリーシュ氏。

いずれも米軍の支援を受ける革命特殊任務軍のメンバー。

AFP, July 29, 2020、ANHA, July 29, 2020、AP, July 29, 2020、al-Durar al-Shamiya, July 29, 2020、Reuters, July 29, 2020、SANA, July 29, 2020、SOHR, July 29, 2020、UPI, July 29, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク