バイデン米大統領就任に合わせて、外務在外居住者省は国連宛書簡でシリア北東部での米軍の侵略行為を非難、部隊撤退を求める(2021年1月20日)

外務在外居住者省は、ジョー・バイデン大統領の正式就任(1月20日)に合わせて、国連事務総長と安保理議長宛に書簡を送り、米軍が、ユーフラテス川以東のいわゆるジャズィーラ地方でほぼ毎日侵略行為を繰り返し、シリアの主権、領土の統一と安全をあからさまに侵害し、国際法に違反していると厳しく非難、シリア領内に違法に駐留を続ける部隊を即時撤退させるよう改めて求めた。

AFP, January 20, 2021、ANHA, January 20, 2021、al-Durar al-Shamiya, January 20, 2021、Reuters, January 20, 2021、SANA, January 20, 2021、SOHR, January 20, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.