アサド大統領のいとこのスライマーン・ハラール・アサド氏が親政権民兵のメンバー1人を殺害し、逃走(2022年6月22日)

ドゥラル・シャーミーヤ(6月22日付)、シリア人権監視団などによると、アサド大統領のいとこのスライマーン・ハラール・アサド氏が親政権民兵のメンバー1人を殺害し、逃亡した。

政府支持者の複数のフェイスブックのアカウントでは、スライマーン・ハラール・アサド氏と弟のムハンマド。ハラール・アサド氏がカルダーハ市近郊のカルースー村で、アサド大統領のおじであるバースィル・ギハース・アサド氏の息子たちが率いる民兵と撃ち合いとなり、民兵メンバーのジャアファル・ズハイル・サルハブを名乗る人物が死亡、複数人が負傷したという。

撃ち合いは、アサド家内の密輸や武器取引をめぐる競争で、ムハンマド氏が、バースィル・ギハース・アサド氏の息子たちが率いる民兵によって捉えられたのを受けたもの。

衝突が発生した日にちは不明だが、6月18日に遺族らは弔意を示した際に、「裏切り者によって殺害された」とスライマーン・ハラール・アサド氏を暗に非難した。

葬儀は19日にブタンブール村で行われた。

シリア人権監視団によると、スライマーン・ハラール・アサド氏は20日にラタキア県から姿を消し、逃亡中だという。

AFP, June 22, 2022、ANHA, June 22, 2022、al-Durar al-Shamiya, June 22, 2022、Reuters, June 22, 2022、SANA, June 22, 2022、SOHR, June 22, 2022などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.