日別アーカイブ: 2017年7月16日

YPG主導のシリア民主軍はラッカ市内のヤルムーク地区をダーイシュから解放(2017年7月16日)

ラッカ県では、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ラッカ市内のヤルムーク地区を制圧したと発表した。 ARA News(7月17日付)などが伝えた。 AFP … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア人権監視団:2011年3月以降の死者数は33万1,765人を記録(2017年7月16日)

シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、2011年3月15日から2017年7月15日までの6年4ヶ月間にシリア国内での紛争で死亡した犠牲者の数が33万1,765人にのぼると発表した。 このうち「民間人」は … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

最高交渉委員会「アサド退陣を要求するのは過激派ではない」(2017年7月16日)

ジュネーブ7会議に代表団を派遣していた反体制派の一つの最高交渉委員会(リヤド・プラットフォーム)は声明を出し、アサド大統領退陣に固執する「委員会内に過激派がいる」と述べたアレクセイ・ニコラエヴィチ・ボロダフキン在ジュネー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ラタキア市北部のバイダー港で爆発が発生、アル=カーイダ系のシャーム解放委員会が犯行を認める(2017年7月16日)

ラタキア県では、イフバーリーヤ・チャンネル(7月16日付)など複数メディアによると、ラタキア市北部のラアス・シャムラー地区のバイダー港にあるシリア軍拠点の一つで爆発が起こり、兵士複数が負傷した。 爆発に関して、イフバーリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダマスカス郊外県東部砂漠地帯でシリア軍と米国の支援を受ける武装集団の戦闘が続くなか、東カラムーン地方ではロシアの仲介により停戦合意が交わされる(2017年7月16日)

ダマスカス郊外県では、「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室(自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室)に参加するカルヤタイン殉教者旅団のアブー・ターリク・カルヤタイン報道官はツイッターを通じ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ市内の病院を往復する車輌が爆発に巻き込まれ5人負傷(2017年7月16日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(7月16日付)によると、イドリブ市内の専門外科病院からマジド病院に向かっていた車輌が爆弾の爆発に巻き込まれ、子供1人と女性1人を含む5人が負傷した。 AFP, July 16, 2 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍は前日に続いてラッカ市南部でダーイシュから油田を奪還(2017年7月16日)

ラッカ県では、SANA(7月16日付)によると、シリア軍は県南部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、東ザムラ村、ザムラ給水所、ザムラ・ガス採掘所、ファフド油田一帯を制圧した。 シリア軍はまた、ファフド石 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス県の反体制活動家153人が恩赦(2017年7月16日)

ヒムス県では、SANA(7月16日付)によると、反体制活動などを行ってきた県北部およびヒムス市各所出身者153人が、2016年法令第15号に従い恩赦を受け、放免となった。 AFP, July 16, 2017、AP, J … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アサド大統領はシャンマート中央検査管理委員長と会談(2017年7月16日)

アサド大統領は、ナズィール・タイスィール・ハイルッラー判事の後任として6月半ばに中央検査管理委員会の委員長に就任したアミーナ・シャンマート判事と会談し、行政機関などでの汚職への対応などについて意見を交わした。 SANA( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2017年7月16日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(ラタキア県2件、アレッポ県4件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも5件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする