YPGの英国人戦闘員がラッカ市での地雷撤去作業中に死亡(2017年11月30日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊の広報センターは、英国人戦闘員のオリヴァー・ホール氏が11月25日、ダーイシュ(イスラーム国)がラッカ市内に敷設していた地雷の撤去作業中に誤爆に巻き込まれ死亡したと発表した。

ANHA(11月30日付)が伝えた。

ANHA, November 30, 2017

AFP, November 30, 2017、ANHA, November 30, 2017、AP, November 30, 2017、ARA News, November 30, 2017、Champress, November 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 30, 2017、al-Hayat, December 1, 2017、al-Mada Press, November 30, 2017、Naharnet, November 30, 2017、NNA, November 30, 2017、Reuters, November 30, 2017、SANA, November 30, 2017、UPI, November 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク