日別アーカイブ: 2018年11月4日

ダイル・ザウル県でダーイシュがYPG主体のシリア民主軍の拠点に自爆攻撃を行い、12人を殺害(2018年11月4日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、県南東部のハジーン市・バフラ村間に設置された西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の拠点をダーイシュ(イスラーム国)が爆弾を積んだ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イラン・イスラーム革命防衛隊副司令官「我々にはシリアに長期的に駐留する計画はない」(2018年11月4日)

イラン・イスラーム革命防衛隊のホセイン・サラーミー副司令官(准将)は、「我々にはシリアに長期的に駐留する計画はない」と述べた。 セラーミー副司令官は、イランの部隊駐留が「シリア政府の要請に基づいている」としたうえで、イラ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴレンチエフ大統領特使とヴェルシネン外務副大臣がシリアを訪問し、アサド大統領と会談(2018年11月4日)

ロシアのアレクサンデル・ラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使とセルゲイ・ヴェルシネン(Sergei Verchinen )外務副大臣がシリアを訪問し、アサド大統領と会談した。 両氏は10月19日にシリアを訪問したばか … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でダーイシュ・メンバーが誤爆で死亡(2018年11月4日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月4日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)のメンバーがタッル・マンス村で、仕掛けようとしていた爆弾の誤爆で死亡した。 爆発によって住民複数人も巻き添えとなり負傷した。 AF … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ミクダード外務在外居住者副大臣「前任者のやり方を踏襲しないことが、ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表に協力する条件」(2018年11月4日)

ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣は、スタファン・デミストゥラ氏の後任として、ゲイル・ペデルセン氏がシリア問題担当国連特別代表に就任したことに関して、「前任者たちに協力してきたように、ペデルセン氏に協力するが、同 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ラッカ市のアラブ人部族がYPG主体のシリア民主軍と有志連合への抗議を強めるなか、市内で部族を狙った爆破事件が発生し、緊張が高まる(2018年11月4日)

ドゥラル・シャーミーヤ(11月4日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の実効支配下にあるラッカ市のアラブ人部族長たちが、シリア民主軍への協力をボイコットすると表明してい … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

YPGと米主導の有志連合はハサカ県の国境地帯でも合同パトロールを開始(2018年11月4日)

ハサカ県では、ANHA(11月4日付)によると、トルコ軍によるアレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市一帯とラッカ県タッル・アブヤド市一帯の国境地帯(いずれもユーフラテス川東岸)への砲撃激化を受けて、西クルディスタン移行期民 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構とトルキスタン・イスラーム党がハマー県北部を砲撃、シリア軍が応戦(2018年11月4日)

ハマー県では、SANA(11月4日付)によると、シャーム解放機構とトルキスタン・イスラーム党がジューリーン村、マアーン村一帯を砲撃した。 一方、シリア人権監視団によると、シリア軍はラターミナ町各所を砲撃した。 ** イド … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍は2018年11月以前の予備役を終了、予備役将兵の召集を行わないことを決定(2018年11月4日)

シリア軍武装部隊総司令部は、第247期(2018年7月1日~11月6日)およびそれ以前の期(2013年~2018年7月1日)の予備役を終了し、予備役将兵の召集を行わないことを決定した。 SANA(11月4日付)が伝えた。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから155人、ヨルダンから491人の難民が帰国、避難民25人が帰宅(2018年11月4日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月4日付)を公開し、11月3日に難民646人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは155人(うち女性45人、子供76人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする