日別アーカイブ: 2018年11月25日

トルコ国防省:「最近の挑発行為」が非武装地帯設置合意を阻害することを狙ったものだとの認識でロシア側と一致した発表(2018年11月25日)

トルコのフルシ・アカル国防大臣は、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣と電話会談を行い、24日晩に発生した反体制武装集団によるアレッポ市への塩素ガス砲撃について意見を交わした。 会談後、トルコ国防省は声明で、「最近の挑発行 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県北部でシリア軍によるジャルジャナーズ町の学校への砲撃への「報復」を求めるデモ(2018年11月25日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月25日付)によると、県北部のハルザ村などの学校で、24日のシリア軍によるジャルジャナーズ町の学校への砲撃への「報復」を求めるデモが行われた。 AFP, November 25 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米軍はロジャヴァ支配下のトルコ国境地帯に監視所設置を開始、マンビジュ市の部族はYPG主体のシリア民主軍による徴兵制採用を拒否(2018年11月25日)

『シャルク・アウサト』(11月25日付)は、米軍が西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)支配下の北東部(ユーフラテス川以東地域)に監視所の建設を開始したと伝えた。 監視所の建設が開始されたのは、ラッカ県タッル・アブヤ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍憲兵隊は住民の苦情に対応し、ダマスカス郊外県ハムーリーヤ市にある軍事情報局の検問所5カ所を撤去、士官を6人を逮捕(2018年11月25日)

ダマスカス郊外県では、バラディー・ニュース(11月25日付)によると、空軍情報部がアクラバー町でイスラーム軍の元メンバー3人を逮捕した。 一方、サウト・アースィマ(11月25日付)によると、ロシア軍憲兵隊がハムーリーヤ市 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPGはアレッポ県シーラーワー村近郊でシャーム軍団を攻撃(2018年11月25日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の広報センターによると、YPGがシーラーワー村近郊のブルジュ・ハイダル村に向かうシャーム軍団を攻撃した。 ANHA(11月25日付)が伝えた。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ市への塩素ガス砲撃の直後、シャーム解放機構は、コーカサスの兵、イッザ軍、フッラース・ディーン機構、トルキスタン・イスラーム党に、フランス人が改良を加えた有毒ガス兵器50発を供与、イドリブ県各所に配備(2018年11月25日)

スプートニク・ニュース(11月25日付)は、24日晩のアレッポ市に対する反体制武装集団(シャーム解放機構)の塩素ガス砲撃の数時間後に、シャーム解放機構が、フランス人専門家によって改良されたロケット弾約50発をイドリブ市や … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はダイル・ザウル県南東部を爆撃し、住民14人が死亡(2018年11月25日)

ダイル・ザウル県では、SANA(11月25日付)によると、米主導の有志連合が県南東部のシャアファ村を爆撃し、住民14人が死亡した。 ドゥラル・シャーミーヤ(11月26日付)が複数の地元筋の情報として伝えたところによると、 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍はアレッポ市へのシャーム解放機構の塩素ガス攻撃への報復として同地東部一帯を爆撃、シリア軍も砲撃(2018年11月25日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)複数機がアレッポ市西のラーシディーン地区郊外一帯、ハーン・トゥーマーン村を爆撃、シリア軍もアレッポ市西部郊外、北西部郊外を砲撃した。 ドゥラル・シャーミーヤ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコの庇護を受ける国民解放戦線報道官は、改めてアレッポ市への塩素ガス砲撃への関与を否定(2018年11月25日)

トルコの庇護を受ける国民解放戦線の報道官を務めるナージー・ムスタファー大尉は報道向け声明を出し、「革命家が塩素ガスを装填した砲弾…でアレッポ市を砲撃したとの犯罪者体制の主張を否定する。関連する国際機関が記録・確認している … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア国防省はアレッポ市に対する反体制派の砲撃でアル=カーイダ系のシャーム解放機構が塩素ガスを使用した断定(2018年11月25日)

ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、24日晩に反体制武装集団が行ったアレッポ市への砲撃に関して声明を出し、「一次情報から、アレッポ市住宅街で負傷した人々に現れた中毒症状が、この地域に打ち込まれた砲弾に塩素ガス … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イラン外務省報道官はアレッポ市に対する反体制派の塩素ガス砲撃に関して、域内外の一部の国の無制限の支援が原因と非難(2018年11月25日)

イラン外務省のブラハーム・カーセミー報道官は、24日晩のアレッポ市に対する反体制武装集団の有毒ガス攻撃に関して、「域内外の一部の国がこれらのテロ集団を思想、政治、資金、軍事面で無制限に支援することが、こうした非人道的な行 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリアの外務在外居住者省はアレッポ市に対する反体制派の塩素ガス砲撃を報告、支援国を非難(2018年11月25日)

シリアの外務在外居住者省は、国連事務総長と安保理議長に書簡を送り、24日晩のアレッポ市に対する反体制武装集団の塩素ガス砲撃について報告、こうしてテロ行為が一部諸国による化学物質供与の結果だと非難、安保理に非難の意思を示す … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから159人、ヨルダンから496人の難民が帰国、避難民231人が帰宅(2018年11月25日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月25日付)を公開し、11月24日に難民655人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは159人(うち女性47人、子供81人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする