日別アーカイブ: 2018年11月8日

トルコの支援を受けるスルターン・ムラード師団が東グータ地方から退去してきたメディア活動家をアフリーン市で拘束(2018年11月8日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月11日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市で、スルターン・ムラード師団が、シリア政府との和解を拒否し、反体制武装集団とともにダマスカス郊外県東グータ地方から退去して … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ダーイシュはダイル・ザウル県南東部のタンフ油田一帯のシリア民主軍拠点を襲撃、米主導の有志連合がこれに対して爆撃で応戦(2018年11月8日)

ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月8日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が7日晩、タンフ油田に近い西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の拠点を襲撃し、戦 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県北部の反体制派拠点都市で爆弾が爆発(2018年11月8日)

アレッポ県では、ANHA(11月8日付)によると、反体制派の拠点都市である北部のアアザーズ市で、バスに仕掛けられた爆弾が爆発し、住民6人が負傷した。 AFP, November 8, 2018、ANHA, Novembe … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ドゥルーズ派のジュンブラート議員率いるレバノンの進歩社会主義党機関紙は、シリア軍ではなくロシア軍がダーイシュに拉致されたスワイダー県住民を解放したと主張(2018年11月8日)

レバノンのドゥルーズ派の指導者の一人タイムール・ジュンブラート議員(ワリード・ジュンブラート前議員の息子)が党首を務める進歩社会主義党の機関紙『アンバー』(11月8日付)は、スワイダー県東部でダーイシュ(イスラーム国)に … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

シリア軍はダーイシュが拘束していたスワイダー県東部の女性・子供全員の救出に成功(2018年11月8日)

SANA(11月8日付)は、7月にスワイダー県東部(スィブキー村一帯)でダーイシュ(イスラーム国)が拉致した女性や子供のうち殺害・解放されていなかった19人全員をシリア軍が解放することに成功したと伝えた。 拉致されていた … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから124人、ヨルダンから592人の難民が帰国、避難民276人が帰宅(2018年11月8日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月8日付)を公開し、11月7日に難民716人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは124人(うち女性38人、子供64人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国は、革命特殊任務軍が安全を確保したことでUNHCRとシリア赤新月社によるルクバーン・キャンプへの人道支援が完了したと発表(2018年11月8日)

米中央軍(CENTCOM)は、UNHCRとシリア赤新月社の支援チームによるヨルダン北東部のルクバーン・キャンプへの人道支援が、革命特殊任務軍が同地への物資搬入の安全を確保したことで成功裏に終了したと発表した。 ルクバーン … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする