日別アーカイブ: 2019年8月18日

シリアのアル=カーイダに自治を委託されているシリア救国内閣は増加する国内避難民を保護する措置を決定、収容キャンプを増設(2019年8月18日)

イドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)における軍事・治安権限を握るシリアのアル=カーイダことシャーム解放機構に自治を委託されているシリア救国内閣(ファウワーズ・ハラール首班)は緊急会合を開催し、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

国連使節団がルクバーン・キャンプに入り、避難民の生活状態、シリア政府支配地域への帰還の是非について調査(2019年8月18日)

国連の使節団が、シリア赤新月社とともに、米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに入り、キャンプ内で国内避難民(IDPs)の生活状 … 続きを読む

カテゴリー: 難民・IDP | コメントする

ラッカ市、カーミシュリー市で北・東シリア自治局の治安部隊を狙った爆破事件が発生する一方、ラッカ県のシリア軍を拠点をダーイシュが襲撃(2019年8月18日)

ラッカ県では、「ラッカは沈黙のうちに惨殺される」(8月18日付)によると、北・東シリア自治局傘下のラッカ民政評議会所属の総合治安部隊のハファール・ジャマール司令官が乗った車が、ラッカ市内で何者かの襲撃を受け、ジャマール司 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコとその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年8月18日)

アレッポ県では、ANHA(8月18日付)によると、トルコとその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のシャワーリガ村、マーリキーヤ村(いずれもアフリーン郡シャ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県北部で活動する反体制派の増援部隊が、シリアのアル=カーイダなどからなる反体制派を支援するためイドリブ県に到着(2019年8月18日)

トルコ占領下のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域と「オリーブの枝」地域(アレッポ県北部)で活動する国民軍は、シャーム解放機構、国民解放戦線、イッザ軍などからなる「突破の戦い」作戦司令室を支援するため、増援部隊をイドリブ県に … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍が反体制派の拠点都市ハーン・シャイフーン市に迫るなか、ロシア軍はホワイト・ヘルメットの救急チーム、ウマイヤ朝カリフの廟などを爆撃(2019年8月18日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が爆撃を激化させてから109日目を迎えた8月18日、シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから312人、ヨルダンから647人の難民が帰国、避難民0人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年8月18日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(8月18日付)を公開し、8月17日に難民959人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは312人(うち女性94人、子供159人) … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする