日別アーカイブ: 2020年5月2日

通信技術省所轄のSY-TRA はマフルーフ氏のビデオ・メッセージに異例の反論、追徴課税請求への断固たる姿勢を示す(2020年5月2日)

通信技術省所轄の電気通信電話規制委員会(SY-TRA )は「公金回収業務は、それを妨害しようとするいかなる試みによっても阻止されることはない」とする異例の声明を発表した。 声明は、4月30日に、アサド大統領のいとこでシリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アサド大統領の親戚が高速道路で事故死(2020年5月2日)

ドゥラル・シャーミーヤ(5月2日付)は、複数の地元筋の話として、アサド大統領の親戚にあたるマスアブ・アサド氏と息子のワジーフ・アサド氏が乗った車がラタキア県のジャブラ市近郊の高速道路で事故を起こし、マスアブ氏が死亡、ワジ … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

ジェフリー米国務省シリア問題担当特使:「我々はシリア領内のイランの部隊を含むすべての外国軍部隊を撤退させることに注力している。このなかには我が軍、イスラエル軍、そしてトルコ軍も含まれる」(2020年5月2日)

ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使は『シャルク・アウサト』紙(5月2日付)とのインタビューで、シリアへの制裁が政権内の「狭いサークル」に対するものだと正当化する一方、4月に入って増加しているイスラエル軍によ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍憲兵隊がカーミシュリー市郊外で米軍のパトロール分隊に対峙、通行を阻止(2020年5月2日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍憲兵隊がカーミシュリー市郊外の街道に展開、同市の東側から進入しようとした米軍のパトロール分隊に対峙、通行を阻止した。 ロシア軍と米軍のにらみ合いは数時間続き、最終的には米軍 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコによってリビアに派遣されたシリア人傭兵(国民軍戦闘員)26人が戦死(2020年5月2日)

シリア人権監視団によると、トルコによってリビアに派遣されたシリア人傭兵(国民軍戦闘員)26人が、リビア国民軍との最近の戦闘で死亡したと発表した。 これにより、リビアで死亡したシリア人戦闘員の数は249人になった。 なお、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

内務省は新型コロナウイルス感染症対策として実施している県外への移動制限を追って通知があるまで延期(2020年5月2日)

内務省は、新型コロナウイルス感染症対策として実施している県外への移動制限を、5月2日から追って通知があるまで延期することを決定した。 SANA(5月2日付)が伝えた。 AFP, May 2, 2020、ANHA, May … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ占領下のジャラーブルス市で国民軍所属どうしの戦闘続く(2020年5月2日)

アレッポ県では、ANHA(5月1日付)によると、トルコ占領下のジャラーブルス市で、ダイル・ザウル県出身者によって構成される東部自由人連合、東部軍、第9師団と、国民軍憲兵隊の戦闘が続いた。 この戦闘で、憲兵隊は東部自由人連 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム解放機構の支配の中心であるイドリブ市にトルコ軍装甲車が入る(2020年5月2日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから58日目となる5月2日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** ロシア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民・国内避難民(IDPs)の帰還なし(2020年5月2日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(5月2日付)を公開し、5月1日に帰還した難民はいなかったと発表した。 2018年7月18日以降に帰国したシリア難民の数は578,773人。 内訳は、レ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする